俺(勇者)の乳首が魔王を操るジョイスティックになってるんだけど誰にも言えずに魔王城直前の村まで来た。仲間を無駄死にさせたくないから仕方なくすべてを告白する

作者 榎本快晴

81

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く