危険なマティーニ

作者 須藤二村

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ショートショートは星新一に始まり、星新一で終わった。

星先生はあまりに偉大過ぎました。
驚異のクオリティを、驚くべきペースで量産された、桁外れの天才☆
ただそれ故に、続く存在が現れませんでした。
ショートショート専門で食べていける
作家さんはもはや現れないのではないでしょうか?(今、専門の作家さんっているのかな?)

前置きが長くなりました。
この作品は間違い無く、かの天才作家のクオリティです☆
作品集にこっそり忍ばせても、誰も気付かないのではないか?そのクラスです。

多くは申しません。一字一句、見落とさないよう、しっかり読み込んで下さい。
よそ見するなど、もってのほか!

鮮やかな切れ味に脱帽です♡

★★★ Excellent!!!

一人だけ取り残された感を抱えて腐っていた女。
女は、昔やっていように、バーで見知らぬ男にさも知り合いであるかのように声をかけ、そしてお酒を奢らせる。

それは単純に、枯れかけた自尊心を取り戻す為だけの行為だって筈が──

***

いや! 面白い!
話が二転三転!!
あんまり詳しい事は言えないけれど……短い中にドラマあり!!
是非短編実写ドラマで見てみたい!
作ってくださいフジ◯レビさん!!

最後の余韻に、貴方はきっと酔いしれる。