異世界裏稼業 ウルチシェンス・ドミヌス(2)「季節はずれの肝試し」

作者 烏川 ハル

続き物ですが、これだけでも読める作りにはなってます。

  • ★★★ Excellent!!!

(2)とありますが、その通り続き物です。
ただし、(1)を読んで無くても意味不明にはならない作りにはなってます。
(何かが作中ではじめて行われるときに、その説明がイチからあるので)

まあ、例えば新必殺仕置人を、無印仕置人を見てなくても楽しめるようなもんですな。

話的には真っ当な必殺です。
誰がマトなのか、誰が頼み人なのか。
予想しながら読むと楽しい。

あまりこういう言い方するのは良くないとは思うのですが、最終的なマトの「許せない」度は、(1)よりもこちらが上でした。私は。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山川海のすけさんの他のおすすめレビュー 242