初心者のぼやき

作者 おかか貯金箱

68

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

書く方も読む方もお互い幸せになれる小説投稿サイトとはどんなものでしょうか?
そんなことを改めて考えさせてくれるエッセイです。

私がレビューを書いている時点では3話まで公開済。私は特に3話のレビューについて書かれている部分に共感しました。

書く方、読む方、両方に読んでみて頂きたい作品です。

★★★ Excellent!!!

優しく謙虚な文章で、カクヨムのより良い使い方、可能性について、真摯な考えを綴っていらっしゃいます。その内容は、うなずけるところがとても多いものとなっています。★の数の違いやタグ、応援コメントの意味について、改めて考えるきっかけとなりました。
応援のハートにしても、レビューの★にしても、利用している方々全員がストレス無く、幸せを感じられるような使い方を心がけていきたいと強く思いました。

★★★ Excellent!!!

誰かが誰かを評価するに当たって、絶対的な基準となる『一般論』など、おそらく存在しないでしょう。
たとえば厳しく叱咤激励したとして、それで奮い立つ人もいれば、著しくしくモチベーションの下がる人もいます。
わたしは後者です。
こればかりは個性なので、いたしかたない。

しかしながら、本文で作者様が触れていらっしゃることは、しごくもっともなことです。
カクヨムでは作品を「ほめること」を推奨しており、『誹謗中傷』はガイドラインに触れるようです。
したがって、厳しい評価は「言いたくても言えない」という方も、以外に多いのではないでしょうか?

実際に、ある人が「その作者様のためを思って」厳しいことを言ったとして、受けてが「そのとおりだ、もっと精進しなければ」と思うとは『限らない』というジレンマがあります。
これはコミュニケーション上の難しい課題でもありますが、このサイトに限らず、現代社会全体が抱えるテーマである気もします。

しかし、冷静に考えてください。
かくいうわたしも当然含みますが、作者さまのご指摘どおり、「投稿する」ということは、大なり小なり、「承認欲求を持っている」ということではないでしょうか?

恥をしのんで告白しますが、わたし自身、「あわよくば、プロ・デビューしたい」という『スケベ心』を持って、「評価されたときだけモチベがアップし、レスポンスがなければ上がらない」という、いわゆる『ワナビ』の典型なのです。

結論として、「ここで浮ついているようで、まかり間違ってプロとなったとき、本当にやっていけるのか?」、これに尽きるのではないでしょうか?

「サークル感覚でいいのかな」などと、いままで自分をだましてきましたが、目が覚めました。

別の作者様も書いておられましたが、「もし目標があるのなら、それ以外には、目すら向けるな」、そのとおりです。

「『スケベ心』を『スケベ心』で… 続きを読む