第18話 ユニのお願い

話し合いが終わり、じゃあまた10日後にと別れようとしたところ、ユニから声を掛けられた。

「ルーク、少し話したい。いい?」

「?構わないぞ。」

「じゃあ、僕は先に帰ってるね。僕の分のお茶代は後で払うから、ユニが払っといて。」

「いや、今日は私が呼び出したからな。私が持とう。」

「そう?ありがとう。」

そう言ってテオは店を出て、私とユニが残った。

「それで、話ってなんだ?」

「うん、実は…」

ユニの言うお願いは私を驚かせるのに十分だった。



あれから9日後、つまりもう明日はこの街を出る予定の日だ。

あの日、ユニは私にあるお願いをしてきた。

「街を出る前の日のお昼過ぎ、道場に来て欲しい。」

「それは良いが、なんで改まってなんだ?」

最近は依頼が中心になり道場の予定は把握していないが、他ならぬシュニがいうなら空いているということだろう。

「道場で私と決闘して欲しい。」

「け、決闘?」

また穏やかじゃない言葉が出た。

「そう、決闘。私が勝ったら、私の願いを聞いて欲しい。」

「なんで決闘なんだ。ユニに頼まれれば、別にそんなことしなくても出来ることはするぞ。」

これは嘘じゃ無い。ユニなら私が出来ることと出来ないこと、というよりは嫌がることは分かっているだろうし、それで頼まれるなら多分私は断らない。

いや、つまりこれは、私が断るかもしれない、そういう類のお願いということか。

「今は言えない。決闘の日になったら話す。ダメ?」

滅多に見せないユニの不安そうな顔。

私が彼女にそうさせてしまったことに、胸が苦しくなる。

ユニがここまでして頼むこと。心当たりが無い、わけでは無い。

ならば私もいい加減逃げるのをやめるべきだろう。

「いいや、大丈夫だ。では9日後、道場で会おう。」

「うん。ルーク、ありがとう。」

私が了解してもなお、彼女は不安そうなままだった。


そして今日になった。

今私は道場に来ている。

いつも通りの服装ではなく、戦闘の際に着る動きを阻害しない最低限の防具と、手甲。それにいつもの仮面をつけて。

少し待つと、入り口からユニが入ってくる。

彼女もまた戦闘用の防具を身に纏い、剣を手に携えている。流石に剣は、刃を潰した練習用の物だが。

それでも彼女の表情から、決意が見える。今更ながら、誰が彼女の表情が乏しいなどと言ったのか。彼女はこんなにも表情豊かで、魅力的なのに。


「ごめん、待った?」

「いいや。私も今来たところだ。」

まるで恋人のような、そんな言葉のやり取り。

それが酷く空々しく聞こえる。

原因は何か。聞かれるまでも無い、私だ。

「ルーク、初めて会った日のこと、覚えてる?」

ユニの言葉は思いがけず思い出話だった。

「ああ、勿論だ。ラト師匠に連れられて初めてこの道場にきた日だったな。確か6歳のときだった筈だ。」

「ん。私も覚えてる。お父さんの呼ばれて、テオと一緒に挨拶して」

「確か、テオは初めはユニの後ろに隠れていたんだよな。」

「そう。普段はそこまで引っ込み思案じゃないんだけど。」

「まあ、その後挨拶した後は返してくれたし、すぐに仲良くなれたけどな。」

「ルークは子どもの時から大人みたいだったから、テオに合わせてくれたんでしょう?」

「いや、そんな事は無い。むしろあの時はユニのお陰だよ。」

「私?」

「そうだ。あの日、ユニは手を差し出してくれただろう。握手をしようと、ユニが仲良くしようとしてくれたから、私も応えることが出来たんだ。」

「そっか。ルークはよく覚えている。」

「ははっ。忘れるわけがないさ。」

そうだ。ミリア師匠に拾われたあの日とユニ、テオに出会ったあの日。

この2つの日は、私にとってかけがえのない宝物だ。

この2つだけは、何があろうと忘れはしない。

その後も、私達は思い出話を楽しんだ。

街を探検した日のこと。冒険者登録した日のこと。森にある師匠の家にユニ達が泊まりにきて、3人一緒に寝た日のこと。

どれもこれも楽しい思い出だ。

だけど、いつまでも子どもではいられない。

楽しいだけの時間はいずれは終わるのだから。

それを終わらせたのは私だった。


「ユニ。」

「ん?」

「そろそろ、ユニのお願いというのを教えてくれるか?」

「ん。ねぇ、ルーク?」

「なんだ?」

「私が勝ったら、私をルークのお嫁さんにして」

「…」

私は即答出来ない。このお願いは、予想していたものとはちがっていたが、しかし全く見当違いな訳では無かった。

彼女は私への好意を隠さない。

信じがたいことだが、これが現実だ。

今までそれに答えてこなかったのは、偏に私が臆病だからに他ならない。


「なんで、私なんだ?」

こんな質問が不粋なのは理解している。

「人を好きになるのに、理由が必要?」

いいや、そんなことは無いはずだ。

「ああ、是非聞きたいな。」

思いと違う言葉が口を出る。


彼女が口を開く。

「私はルークが好き。頭の良いルークが好き。頑張り屋のルークが好き。魔法の上手なルークが好き。私と対等に闘ってくれるルークが好き。大人なルークが好き。いつも私とテオを引っ張ってくれるルークが好き。」

そこで彼女は呼吸を止めて。

真剣な顔でこう言った。

「私ユニは、ルークの全てが好き。」


ああ、私もだ。

私も、ユニの全てが好きだ。ユニの控えめな喋り方も、ユニの体を動かす時の楽しそうな表情も、寝ている時の可愛い寝息も。私を元気付けてくれるユニも。

だからこそ、答えることは出来ない。

例え彼女とここで別れることになろうとも、私はもう逃げないと、そう覚悟を決めてここに来たのだから。

「分かった。」

そう言って私は構える。

「では、私も本気で相手をしよう。」

ユニは一瞬辛そうな顔をする。彼女からすればそれは拒絶に他ならないのだから。

それでも彼女も覚悟を決めたのだろう。

顔は戻り、剣を構えた。

「うん。」

小さな言葉とともに。


合図はない。

幾度となく、剣と拳を合わせた中だ。お互いの呼吸は理解し合っている。

どちらからともなく、私達は仕掛けていた。

幾度かの打ち合いの後。

ユニの剣が私の頭を狙って振り下ろされる。

無論寸止めはするだろうが、それでも必殺の気合いを感じる一撃だ。

私は手甲を使い剣をはじいた。本当なら体を捻って、攻撃に転じたいが、ユニが相手では間に合わない。

全力で身体強化を使ってそれでも、まだ彼女に追いつかない。単純な身体能力なら勝てているのだろうが、それを補って余らせているのが、彼女の天性のセンスだろう。

直感や感性は魔法では補えない分野だ。

剣が弾かれた彼女は後ろに下がる、ようならこれで終わりだが、彼女はそのまま右前方、つまり踏み込みの方に体を滑らせそのまま、強力な蹴りを入れてくる。

思い出して欲しい。確かに彼女の専門は剣だが、同時にこの道場ではカイゼル師匠の意向で、拳闘術も全員が習う。

それは武器がない時や壊れた時の護身のためで、ここまでを想定してはいないのだろうけど、それでもここまで出来るのはやはりユニだからだ。

今更だが、私は彼女に未だ一勝も上げることが出来ていない。

ユニの蹴りで、私はそのまま吹き飛ばされる。

良かった。咄嗟に腹に魔力を送り固めていなければ今ので終わっていた。

私が体制を整える間に、ユニは構えそのまま追撃に来る。

ガキン!

その一撃を、透明な壁が阻んだ。ユニの目に驚きが浮かぶ。

シールド。効果は名前の通り。

これを戦闘中に使えるようにするには苦労したものだ。しかし、それだけの価値はあった。

この瞬間を逃す訳にはいかない。

私は、そのままユニの懐に入り掌を向ける。

12歳。

冒険者になるための試験でゴーレムと戦ったのを思い出す。あの時と全く同じではないが、それでも懐かしい場面だ。

「バレット」

私の言葉とともに、空気中の塵を固めた弾丸がユニ目掛けて散弾銃の如く襲い掛かる。

もちろん、威力は抑えている。

対人戦でも使えるような威力の調整も、この3年の私の成果だ。

威力は抑えたが、それでもユニを吹き飛ばすのには十分だった。


壁に打ち付けられた彼女は、しばらく動かない。

普通ならここで終わりの合図が入るだろうが、ここには私達しかいない。

そして彼女はまだ剣を手放していなかった。

案の定ユニは起き上がり、震える手と足で剣を構える。しかし、そこから踏み出すことが出来ない。


そこまでか、と私は思う。そこまで私を好いていてくれるのかと。


ここでもう一度バレットを打ち込めば、それで彼女は気を失い私の初勝利となるだろう。

しかし私は胸の高さに上げた手をさらに上げる。


そこにあるのは私の頭、そして仮面。

ユニの目がこちらを見ているのを確認し。


私は遂に仮面を取った。


ユニの目が見開かれる。

私は、よく見えるようにと言わんばかりに前に出て、そして彼女に語りかける。

私達の間は、ほんの数メートルだ。

「これが私だ。」

ユニは言葉もなく、しかし私から目をそらすこともない。

その先にあるのは、私のおぞましい素顔。

「この醜い顔が私の顔だ。火傷など嘘八百。あまりの醜さに、親から捨てられるほどの私の顔。吐き気を催す冒険者、それが私ルークの正体だ。」

そこまで私が言うと、限界だったのだろう、ユニは手をつき嘔吐した。


分かっていたことだ。

ユニならばと期待したわけではない。

こうなる事が分かった上で、仮面を取った。これが私の決めた覚悟だったのだ。

私はその場で、彼女に語りかける。

「ユニ」

彼女の背中が怯えるようにピクリと震える。

その事実に、胸が引き裂かれそうになる。

「私も君が好きだった。」

私は背中を向け、仮面をつけ直し道場から出て行く。

「待って!」

その背中にユニの声がかかる。私は足を止めた。しかし、その続きはない。


未練だ。私はそれを振り切るために、歩みを進める。


歩き始めたその背中に、彼女の待ってと言う言葉を受けながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます