第15話 そして冒険者へ

案内されたのは、道場と同じ程度の広さの部屋だった。

3人の先客がいる。どの人物もギルド職員の制服を着ているが、事務職という雰囲気ではない。そして、壁側にはいくつもの木製の武器がいずれも2つずつ置かれている。

部屋全体に書かれた文字も異様だが、中央にある物がまず目を引く。

大人と同じ程度の大きさの人形だ。

顔は卵のように凹凸がなく、服なども来ていない。

前世のマネキン思い出す姿だ。

「お聞きかもしれませんが、あちらはラトさんとカイゼルさんにご協力いただいた魔道具で、ゴーレムと言います。」

ソフィーさんが説明してくれる。

そう、あれは歴とした魔道具だ。

簡単に言えば、この部屋の中限定で、カイゼル師匠の動きを真似ることができる。

また、魔法に対しても高い耐性がありあれを魔法で壊せるのは、作った師匠本人くらいだろう。

「その様子だと詳細は不要ですね。簡単に言えば、あのゴーレムと戦っていただき、その結果をあちらのギルド職員が判定します。彼らは年齢や怪我などで引退した元冒険者で、目には定評がありますので、ご安心ください。どなたから始めますか?」

「ん、じゃあ、私から。」

ユニが前に出る。こういった場面で先陣を切るのは彼女が多い。

「分かりました。ユニさんは剣を使ってましたよね。」


ユニが壁際の武器から普段使っている剣に近いものを選ぶと、ギルド職員が同じ武器をゴーレムに持たせる。精巧なゴーレムは、武器を近づけると、自分から持ち構えた。

本当にカイゼル師匠のような構えだ。

「合図などはありません。ユニさんのお好きなタイミングで始めてください。」

「ん、分かった。」

そういうと、ユニは自慢のスピードでゴーレムに斬りかかる。

ユニの武器は昔からスピードだった。

筋力も並みの男性以上だが、それ以上に全身のしなやかな筋肉を使ったスピードと、インパクトの瞬間にその筋肉をしっかり締めることで、威力を引き上げている。

普通なら相手は反応も出来ずに剣を受けて終わりになる。

しかし、今日は普通じゃなかった。ゴーレムはユニの剣を受け止める。

その後は技の応酬だ。

文字通り、目にも見えない速さでそれぞれの剣が振るわれる。いや、本当に剣先とか私では視認出来なくなっている。

しかし、それも長くは続かない。

ガッ!!

一際大きな音がすると、ユニとゴーレムの木剣が砕けていた。

「そこまで!ユニさん、お疲れ様でした。まさか剣が壊れる程とは。」

私は汗だくのユニに近づき労う。

「お疲れ様。けど、楽しめたんじゃないか?」

「んー。体が動かせるのはいいけど、ほとんど駆け引きがなかった。そもそも倒せるように出来ていないみたいだし、私はルークとの稽古の方が好き」

そう言って笑うユニにドキリとさせられる。

と、弓を持ったテオが横まで来ていた。

「ハイハイ。そういうのは家でどうぞ。ルーク、次は僕がやっていい?」

「あ、ああ。問題ない。じゃあ、行こうか、ユニ。」

そう言って私たちは、壁際に下がった。


それを確認したソフィーさんがテオに話しかける。

「では、次はテオさんですね。確かテオさんは弓使いという事でしたので、的を用意します。」

そういうと、ゴーレムに近づきなにか操作をしている。

すると、ゴーレムのおそらく背中部分から、20個程度の球体が現れた。大きさはバラバラで、大きい物はサッカーボール程度。小さい物は卵程度の大きさしかない。それらが、不規則に部屋の中を飛び回る。

「では、テオさん。私が合図をしたら、的を落としてください。その時間などで評価を致します。なお、今回ゴーレムは障害物です。矢を当てた場合は減点となりますのでご注意ください。」

ソフィーさんはそこまでいい、テオが首を縦に振るのを確認すると

「始め!」

合図を出した。

そこからは圧巻だった。

テオはその場で次々と矢を放ち、的を貫いていく。

的はどんどん減っていき、最後の的が無くなった。

流石はテオだと思っていると、ゴーレムの頭上に向かって矢を放つ。

誤射か?と思うと、放った矢の先に、卵より小さい、ビー玉程度の大きさの球体が貫かれていた。ソフィーさんから終了の合図が入る。

「テオもお疲れさま。特に最後の的はすごいな、私にはある事も気づけなかった。」

「ありがとう。じゃあ、次はルークの番だね。ユニと見ているから、頑張って。」

「ああ。まあ、出来るだけ頑張るよ。」

テオがユニの横に行くと、ソフィーさんから声がかけられた。

「ルークさんは拳闘術と魔法でしたね。では、まずはユニさんのようにゴーレムとの戦闘を見せて頂きます。手甲はご自分のをどうぞ。」

「はい、分かりました。」


私は、ゴーレムに対峙する。

なるほど。ユニの言っていた駆け引きが無いと言うことがよく分かる。

つまりは呼吸の読み合いやだまし討ちなどは無意味という事だ。

私から仕掛けなければ何もはじまりそうにない。そしてユニに壊されないほどの性能ならば、私が身体強化を使っても問題はないだろう。

そう決めると、魔力を練り、ゴーレムに打ちかかった。

後は、先ほどのユニと似た展開だ。

互いが互いの券打を邪魔するような動きを中心に打ち合いが続く。

時折、我ながら良いところに入ったと思う一撃もあるが、ゴーレムは止まらず攻めてくる。

ユニの言った、勝てるように出来ていないとはこういう事か。

ゲームの負けイベントを思い出すな。

ところでこの部屋に書かれている文字はラト師匠の魔法文字で、早い話が魔法に対する防壁になっている。

ならば、遠慮は不要だろう。

ゴーレムの券打を防ぎ、無理矢理だが腹に拳を当てる。

しかし今回は撃ち抜かない。ほんの一瞬の隙が作れれば良い。


ゴーレムが動きを止めた。


大事なのはイメージだ。

この6年間、ミリア師匠の元で繰り返した魔法の鍛錬。

言葉が吐き出され、それがイメージを呼び覚ます。


「アイシクル」


その瞬間、魔法が発動し、ゴーレムを含む目の前の空間が凍りつく。

結果、ゴーレムはその動きを完全に止めた。

贅沢を言うなら派手にフレイムあたりを使いたかったが、このゴーレムの魔法耐性では意味がない可能性がある。

もしこのゴーレムが生き物なら、彼はこの状態でも生きていただろう。

なんにせよ、これで拳闘術の試験は終わりだ。

次の魔法の試験を聞くために後ろを見ると、ソフィーさんが固まっている。

「ええーと、ソフィーさん。次の試験は?」

声を掛けられ、ソフィーさんは動き出した。

「はっ。す、すみません。あまりの衝撃につい。まさか近接戦の訓練で魔法が使われるとは思いませんでした。」

「あ、もしかしてダメでした?」

「いえ、確かに拳闘術の試験中に魔法を使われるのは想定外でしたが、今回はそれも含めて評価が出るはずです。では、次は魔法の試験ですね。」

すると、立会人のギルド職員から待ったが掛かる。初老のヒゲを生やした男性だ。

「いや、その必要は無いだろう。今も凍っているこいつを見れば、魔法の技術はわかる。発動までの時間も素晴らしい物だった。それにだ。まさかと思うが、ルーク君、君は魔力を練りながら戦っていたようだが。」

「はい。こうすることで身体能力が上がります。実際に使うのは多少難しいですが。」

「多少どころではないだろう。有用性は見させてもらったから理解できるが、それでも試そうとは思えんし、他人に勧める気にもならんよ。なんにせよ、だ。魔法については、儂が保障しよう。流石はラト殿の弟子だ。」

「よろしいんですか?副ギルド長。」

なんと彼は副ギルド長らしい。思えば、それなりにギルドに来ている割に、ギルド長などの役職とは面識がないな。まあ、それが普通なんだろう。

「構わん。副ギルド長、ルキウスとして試験の終了を宣言する。ルーク君、ユニ君、テオ君、お疲れ様。ギルドは君たちの今後に期待する。」

そう言うと他2人を連れ部屋から出て行った。なんだか、穏やかなおじいさんっぽい雰囲気の人だ。

「では、皆さんお疲れ様でした。この試験を元にランクが決められますので、もう少し待合所でお待ちください。」

その言葉通り、待合所で軽食を食べながら待っていると(数年前から飲食店が入っている。)、2時間程でソフィーさんに呼ばれた。

「お待たせしました。では、こちらが皆さんのギルドカードになります。再発行には銀貨1枚が必要になりますし、紛失したものを悪用されても当ギルドは責任を負い兼ねますので、管理には十分注意してください。」

そう言って渡されたカードにはそれぞれの名前と、5とDの文字が刻まれている。7は駆け出し、6は少し慣れた頃、5はプロを名乗れる程度の評価だ。先ほどの試験が余程評価されたのだろう。


なにはともあれ、今日この時を持って私たちは冒険者だ。



冒険者登録が終わった頃には昼近くになっていた。

アントン達他の冒険者はもう仕事に行ったようだ。

私たちは、試験で思いのほか体力を消費したこともあり、ひとまず帰ることに決めた。

これはその道中でのこと。

「そういえばルークはさ。」

とテオが話題を振ってくる。

「なんで冒険者になったの?今更なんだけど」

「今更だな」

「うん。だって言っちゃなんだけど、ルークってお金に困ってないよね。」

「確かにな」

それは事実だ。

前から魔物を狩ってきては素材を売っているのだが、使い道があまりなく、日用品や食料品を買っても、貯蓄がたまる一方だ。

今では、この街で普通に生活する分には、20年程度は働かなくて済む程の貯蓄だろう。多分だが、30歳まで今の生活を続ければ、後は働く必要もなくなるはずだ。

「けど、それはテオ達も同じだろ。」

「それはそうなんだけどね。」

「まあ、白状してしまうと、そこまではっきりした考えがあるわけじゃない。知っての通り私は捨て子でな。私を拾ってくれた師匠が冒険者だったから、なんとなく冒険者を目指したのが最初かな。」

「ん。けど、それは私たちも同じ。両親が冒険者だったから、道場を継ぐにせよ、それ以外にせよ、冒険者は経験したかった。」

話しているうちにユニも参加してくる。

まあ、志望動機のいい加減さはお互い様だな。

それでも思うことを口にした。

「ただ」

「ただ?」

「ああ、ただどうせ冒険者になったんだから、外の世界を見てみたいとは思っている。」

「それは不明領域の冒険ってこと?」

不明領域の冒険。それは、夢見がちな話の代名詞だ。確かに、未知の魔物を発見し、それが人類に貢献できるとなれば歴史に残る偉業だろう。

「いや、そうじゃなくて、グラント王国内の他の街を見てみたいんだ。それに他の国も。」

以前はグラント王国しか知らなかったが、この大陸にはそれ以外にも大小いくつもの国や街がある。

例えば、この大陸で最も信仰されているアレクシア教の総本山であるヴィーゼン教国、海に面した航路の要である海洋都市群クチュール、機構の研究が進んでいるカタルス共和国など。

幸いにして、現代は戦争もなく互いの国の行き来も難しくない。

「ルークはそんな事を考えてたんだね。」

「まあ、出来たらいいな。くらいだけどな。それに行くとしても、成人してからだ。しばらくはこの街で経験を積むつもりだ。」

「そっか。ちなみにラト先生はそのことは?」

「いや、まだ話していない。今晩あたり話すつもりだけど、まあ、あの人は反対しないと思うぜ」

「そうだね。僕は、どうしようかな。ルークと一緒に旅をするのも面白そうだけど、街を離れるとなるとね。」

「まあ、まだ時間はあるからさ。考えてみるといいんじゃないか。」

「ルーク。」

「ん、なんだ?ユニ。」

「私は一緒に行く。」

「いや、まだ時間はあるから…」

「行く」

「あははは。ユニはルークが大好きだからね」



そうこうするうちに、道場前に来た。2人とはここで一旦別れ、私は門に向かう。

今では空間魔法を使えばここから森に戻る程度は楽にできる。

ただ、都市部での遠距離移動の空間魔法の使用は、防犯上の理由から禁止されている。

収納魔法程度は見つかってもお目こぼしをもらえるが、万が一空間魔法で都市から出入りしているところを見られれば、即座にお縄になるだろう。しかも空間魔法の使い手を閉じ込める檻はないので、常習者だと思われれば、その場での打ち首もあり得る。

法律は一応あるが、日本のような法治国家にはまだ遠いのが、この国の現実だな。

そうこうすると門につき、ルイーズさんからの祝いの言葉を受け、私は以前師匠に連れられた地点まで歩く。

実はここには認識阻害の魔道具が埋められていて、ここで空間魔法を使うのが私達師弟のルールだ。

ここまでくれば、後は早い。空間魔法を使うと、そこは見慣れた森の家だ。

私は、ただいま戻りした、と挨拶しながら家の扉をくぐったのだった。



その晩、私はミリア師匠に冒険者になったことを報告した後、今すぐではないがいずれ世界を見てまわりたいと話した。

師匠は私が無事、冒険者になれた事を喜んでくれ、こう続けた。

「良いんじゃないかい。前にも言ったとおり、あんたの人生だ。あんたの後悔がないように生きなさい。実際あんたには教えられることはあらかた教えた。後はもう、あんた自身が考え、動いていくべき問題だ。」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます