勇者の野郎と元婚約者、あいつら全員ぶっ潰す

作者 さとう

1,231

474人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

艱難辛苦の末に「復讐」という名の本懐を遂げる事こそ、所謂ざまあ系の真骨頂だと思うのですが、終盤近くまでまるでロケッ●団やバイキンマ●の様に詰めが甘くて殺れる時に相手に逃げられるという、うっかり八兵衛の様な顛末を繰り返す主人公一行の間抜けっぷりと、その中にいて常識人枠な転生女勇者の残念ぷりが際立って要所要所は面白いのに、結果的に終盤まで盛り上がりに欠けるのは惜しい所です。

また中盤から急速に力を付け過ぎた弊害で、強い筈の魔物等がまるで相手になっておらずエクスカリバ●でスライムを倒すかの如き作業プレイになってるのはどうかと。

終盤ようやく敵に届くのですが、非常にあっさりと「復讐者本人の意向によらない」所で自滅的にヤラれてしまうので肩透かし感が半端無いのは残念な所です。
例えるなら「敵を前にして圧倒的力でタコ殴りにしていた」のに「急に脇から飛び出して来たトラックに轢かれて」敵が死ぬかの様なやるせなさ。

また一介の村人に過ぎなかった幼馴染が、どうなったら殺戮それも恩人を戯れに手にかけられる様になったのか?その点が不明瞭だったのも惜しい点です。

この辺をもう少し丁寧にしてもらえたら、カタルシスも大きいのに慌てて纏めに入った影響は大きいのでは?

★★ Very Good!!

幼馴染が勇者に惚れるとこまでは、まぁ分かる。ただ依存するか?ライトの家族はなんで殺した?お前ら結局何したかったんだ?という感じにこの作品は消化不良が多い。
文章力はいいと思うから、物語をちゃんとすれば神作になれると思う。
あぁそれとリリカは本当に意味が分からない。ガチで何がしたかったの?

Good!

結局序盤の鬱展開で貯まりに貯まったヘイトは解消されずざまぁ?も復讐?もあっさりしすぎて読んでてなんだかなぁって思いました。読んでて一番ヤバイと思ったのはリリカとセエレの心変わりですね。他サイトで言及されていたのですがこの二人の心変わりは魅了や洗脳ではないようです。女神から授かったギフトによる悪影響があるのかと思ったらそういうわけでもない。ライトとこの2人の関係がどれくらいのものか序盤はあんまり読まなかったのでわかりませんが一年ちょっとでレイジに乗り換え、ライトの両親、親友まで手にかけたのはもはや狂人としかいいようがありません。最後にここで書くことではないのかもしれませんが書かせてもらいます結局アローの更新はしないのですか?他サイトの活動報告にアンドロイド完結したら再開しますって書いたにも関わらず一向に更新するかんじがしません。自分で書いたことぐらい守った方がいいですよ。まいどくに配信してるのも結局なろうやカクヨムより進むことが無いのなら全く意味がないと思います(加筆した点も含めて)

★★★ Excellent!!!

序盤を読んで文句を言ってる人もいるようですが、自分としてはとても面白かったです。夢見た未來を信じて、報われない努力を続けた主人公。女神からのギフトという簡単に力を得た人間の傲慢。そして主人公を守ろうとした身近な人達の死により復讐を誓う主人公。いろいろ間抜けな所もあるけれど、完璧な人間などいないし……むしろ全てを失い底辺の実力から勇者を、女神を殺さんと力を求めて行く様がとても面白いです。
少しずつ増えていく仲間達との交流の中で復讐という目的で狭くなっていた視野と心を回復させ、自分らしさを取り戻していく所に興味が尽きません。
今後もぼちぼち読み進めて行きますので更新宜しくお願いいたします。m(__)m

★★ Very Good!!

子供のころの口約束の婚約より、1年共に旅して色々あって、
さらに強い男に惹かれるってのは正直現実にも多い、
普通の女の行動だと思うんですよ
アニメやギャルゲのヒロインなんかだとこんな行動とらないだろうけどさ
ここまでは普通だと思った
むしろ1年会わなくて気が変わってないと思う主人公の方がおかしいと思った
それで女をとられて怒るのは仕方ないにしても、
無防備な相手に振られ男が剣を突きつけるのはどうかと思った
殴るだけでも犯罪なのに、刃物だからね
たまたま今回は寝取り男の方が強くて返り討ちだったけど、
弱かったらストーカー男の逆上殺人ですよこれ
国外追放でもおかしくないんじゃないかな、と思った

ところが、その後がおかしい
急に勇者ハーレム側が、主人公と友達、家族を殺しにかかってくる
なんでそうなるの。友達とか家族は全然関係ないでしょ
最初は女神の洗脳にでもかかってるのかと思ったけど、
読み進めていくとそうでもない。自分の意思で行動してる
特に元婚約者の2人なんてさ、
主人公だけでなく、その両親とも長年つきあいがあって、親しかったんでしょ?
それをなぜ平然と殺すことができるのよ
元々頭おかしかったのか?いやそんなことはない
そんないかれた連中なら、主人公家族が長年つきあったり、
婚約したりするわけがない。普通の女の子だったんでしょ?
なんで旅から帰ってきたら、いかれた殺人鬼になってるんだよ
リリカなんてさ、家族友人を殺しといて、
反撃されたら逆上して物凄く恨むという、自分のことしか考えない、
もう自己中極まれりな性格
日本で例えればさ、家族が殺されたから警察に通報して逮捕したら、
刑務所に入れられて社会的地位を失った加害者が逆恨みして、
警察や遺族に対して「絶対殺す」と復讐を決意するようなものですよ
ありえないでしょそんな人格
でもレイジからは好かれてるし、普段は普通の性格な… 続きを読む

Good!

作品全体の割合としては胸糞:8、ざまぁ:2という感じ。
胸糞慣れしてる読者でも苦手なタイプの胸糞作品。基本、主人公自身がどうにかなるのではなく、その周りの親しい人間を拷問したり殺したりして主人公のヘイトを稼ぐスタイル。

なによりカスのような登場人物が多すぎて嫌気がさす。マトモな人間はすぐ退場させられる。そしてだいたい狂人思考。
親しかった人やお世話になった人でもヘラヘラしながら普通に惨殺する、今まで人殺しとかしたこともなかった人間でも急に拷問大好き殺人マシーンになる。

もはや主なクソキャラを全員殺したとして、果たして読者の気分は晴れるのだろうか?序盤に仕掛けてくるので読者に求められる心理的ハードルが相当高い作品だと思う。

Good!

この作品は復讐物語と書いてあるが、いつまでたっても屑な勇者サイドに復讐をしないのでヘイトが溜まるだけの展開になっている。また、物語の長さも相まって初期から読んでいると読者は『そういえば復讐が目的だったな』という思考になってしまうのではないかと思う。
現状では屑な勇者達をザマァな展開で鬱屈を解放する場面は非常に少なく期待も出来ないので復讐物語ではなく普通のハイファンタジー小説として読むのを推奨する。

キャラクターとしては狂人になりかけている主人公は復讐物語の主人公としては好感を持てる。
勇者は婚約者が1人死んだのに残った婚約者達と追悼の性行為を始めたシーンはドン引き、こんな人格破綻者の何処がいいのか不明。

個人的には物語終盤または完結しないと評価の下しにくい作品となっている。

『あいつら全員ぶっ潰す』のはいつ?そしてザマァが達成された時読者の心が晴れるかは微妙である。

★★ Very Good!!

 興味深いと思った点は、主人公ライトは勇者レイジに、幼馴染を2人も寝取られたわけなんですが、その辺りは諦めというか納得の仕方は、2人が幸福ならそれで良い位にさえ割り切ってる。

 つまり、勇者レイジと魔王討伐の過酷な旅で、助けられの体験をしていれば、強い男に乗り換えられても仕方がないと。なので、それ自体で殺意を向けるまでの復讐心は持ってないわけです。面白くない感情くらいは秘めてるでしょうけど。

 ライトの怒りは勇者らに、理不尽な正当性で両親と親友を殺されたからなんですよね。ライトは自分一人だけだったら侮辱にも耐えるけど、大切な人たちに向けられる害意は許せない。勇者レイジの嫁自慢が憎らしいというより、人間として許せない動機は主人公の魅力がありますね。

 勧善懲悪なエンドが見られると信じておりますが、勝利の傍らに誰が居るのか、そんな感じの期待をしております。

★★ Very Good!!

本作はダークヒーローモノですが、序盤の主人公はあれも嫌これも嫌と割とワガママで自己中。私はちょっとイラッとしました。導入部として大事だというのは分かるんですがね。
しかし、戦闘シーンの描写だけ見ればExcellentです。更に主人公が覚悟を決めて勢いが付くと途端に良作に早変わり。このタイミングは個人で変わりますが、そのハマる所まで読めば一気に加速すると思います。
後は若干百合成分が途中であります。嫌いな人はそこは読み飛ばしてもいいと思います。

★★★ Excellent!!!

勇者という横暴な輩を見事に描いていると感じれる作品。
いじめを好きで行っているものは、他人の痛みを理解しないし、他人の苦しみをゲーム感覚で楽しんでいる。

けど、いざその報いが来れば、逆怨み全開で仕返しを企てる。

王女もどこぞの剣士もそうだが、「自分たちは何も悪いことはしていないのに、どうして仲間を殺されなければならないんだ!」と思考を曲げているところもクソっぷりを象徴していていいと思う。
クソッたれ勇者のクソッタレイジとリリカは聖剣勇者一行の中で最もやってはいけないことをした。

その意味でもセエレの消滅は因果応報のほんの始まり。
けれど他人の痛みを理解しようともせず、あまつさえライトの眼前で肉親と友人を虐殺して笑い狂った、根っからのいじめっ子気質……いや、人の皮を被った悪魔である聖剣勇者達では、永遠にそれを理解する思考は出てこないだろう。

勇者だからって、何をしても許されるわけではない。

★★★ Excellent!!!

復讐ものなのに、主人公の内面がドス黒く染まりすぎてないところに安心できます。
元婚約者にあれだけのことをされたなら、なりふり構わずあの手この手を使う人もいますが。

それから行動を共にするヒロインの動機が明白なのでご都合主義にならず、物語が自然に進みます。
まだ始まって間もないので、あと一人か三、四人くらい主人公サイドにヒロイン欲しいですね。敵方の美少女+女神に数を合わせて。
(個人的には男女比半々くらいが好きですが)

まだ第一章なのでこれからもますます楽しみです。

★★★ Excellent!!!

みんなが夢見る異世界転移や俺ツエエエや勇者無双のダークサイドというか
ざまあされる勇者の見本というべき存在です
最終的に屑勇者倒して元ヒロイン追い出して主人公ゲットしてのもう一人の勇者の一人勝ちかな
そんな幻想を打ち砕く真のざまあが発動する
巷にあるざまあが情けのある優しい過ぎると思えるくらいの