ごった煮ノート

作者 つきの

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

ごった煮なんかじゃない、ごった煮と聞くと私には、材料が溶け出して混ざりあい、それが旨味でもあるのだが、雑多な、という感じがする。

しかし、この話は、物語一つ一つが、素材が活きている、かといって、互いを邪魔したりしない、調和する、まるで、懐石のおすまし、そんな気がした。