エッセイ:勝手にJUMP通信

作者 瀬夏ジュン

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 2020/09/29へのコメント

     BLAME!、知っています~
     セリフが少なく、暗いSFマンガですよね。シドニアの騎士と印象がちがいますけれども、私的にはこっちのほうが好きです。

    作者からの返信

    こんにちは!
    コメントありがとうございます!
    お返事を遅くしてしまい、すみません!

    BLAME!
    当時、「マンガ雑誌にこんなシリアスなSFを載せるなんてスゴいなあ、ウケないだろうなあ」と思って立ち読みしていました。笑
    とても強い印象が残っています。
    この作品を読むために立ち読みしていました。

    さっきウィキを見たら、作者さんは
    〜見たことのない世界を作りたかった〜
    のようなことを語っていたとか。
    すばらしい。
    音楽でも小説でも、大切なことだと思います。
    一度きりの人生なんですから。

    シドニア、名前は知ってました。
    作者さん同じなんですね!

    2020年10月4日 07:31 編集済

  • 2020/08/12 アクタージュ、さ…へのコメント

    瀬夏さん。。。とうとうチェンソーマンを七巻までそろえてしまいました。。。
    おもしろすぎます……どうしよう……。

    作者からの返信

    こんにちは!

    おもしろいんですよ!
    7巻あたりは世界中の殺し屋たちがデンジを狙って集結するあたりのようですね。
    絵の線にパワーがあって、ノリに乗っている頃だと思います!

    わたしは毎週買っているので、現在の恐ろしい状況(話の内容的に!)に遭遇しております。
    ガクブル:(;゙゚'ω゚'):

    2020年9月6日 08:50

  • 2020/07/13 気がつけば鬼滅終…へのコメント

    わー! 本誌買って連載を追えばよかったーと思わされる日記。鬼滅の刃最終巻気になる……! 早く読みたい……(伊之助の子孫の活躍に期待が募ります)

    瀬夏さんのおすすめは信頼しているので(笑)、次はチェンソーマンを読んでみたいと狙っています。子供をそそのかしてみようかな……

    作者からの返信

    お読みいただき、ありがとうございます😊

    鬼滅の人気は盛り上がりましたね。
    連載当初から、わたしは独特な魅力によって引き込まれました。
    濃い絵(ジョジョ的に暗め)、ユニークなセリフ(どこかトボケて外したような)、鬼の描きかた(うまく表現できませんが、諦観にも似た確固たる奥深さ?)などなど。
    あと、悲惨さの描きかたがちょうど良かったというか。
    他のマンガと比較して、独特だったと思います。

    チェンソーは……。
    あらゆる面でちょうど良くない作品だと思うので、若い読者にはあんまりおすすめではないのですが……。
    でも、とにかく絵がすごいと思います(最近は少しお疲れだと勝手に思っています笑)。

    チェンソーの代わりにおすすめは
    「タイムパラドクス・ゴーストライター」
    ですね。
    マンガの盗作ゴーストライターのお話で。
    一生懸命な主人公が、わたしは好きです。

    アクタージュは超オススメです!
    あらゆる層に!
    これは絶対に映像化されます。
    実写になった時、誰が夜凪を演じるのか全く想像できませんが!

    2020年7月16日 11:59

  • 2020.04.06へのコメント

     鬼滅はすごい人気みたいですね。う~ん、マンガ喫茶で最新刊まで読んでこようかな。と思っていたら、宣言がでるみたいで……
     コロナは置いておいて。
     逆にお薦めしちゃう第二弾! 瀬夏さんが好きそうでというと、あれかな~

    「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」

     これはラブコメです。でもバトルありです。マジック:ザ・ギャザリングってカードゲームを通してのラブコメです。
     少年マンガらしい、バトルでの成長を描いていて、それが意外や意外。とても面白いのです。戦略性にみちています。
     最初は険悪だった少年と少女が、距離を近付いていくのも、タイトルが含みになって少しミステリー要素込みで面白いです。次にくると思います~

     マンガとか楽しいことを満喫して、なんとか乗り越えたいですね。

    作者からの返信

    こんにちは!
    お読みいただき、ありがとうございます。

    鬼滅の凄い人気は、アニメになってさらに加速したのでしょうね。
    登場キャラの人数が多すぎて、昔ならどうだったかなあと思うのですが、昨今のアニメファンには逆にウケがいいのでしょうか。
    もちろん、原作の質は高いし、アニメ監督の力量もあると思います。
    声優さん達の実力もあります。
    ともあれ、好きな作品がここまでメジャーになってうれしいです。
    その昔、「寄生獣」がブレークしたときもうれしかったなあ(遠い目)。

    「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」
    を、Amazonで注文しました。
    紙のコミックで。笑
    教えていただき感謝です!

    でもね、「SPY × FAMILY」はKindleで購入しました。
    中古の紙コミックがあんまり出てなかったので。
    もう、ほんとにお手本になりますね、この作品は。
    超優等生ですね。
    すばらしい。
    アーニャの存在がオアシスになっていて。
    笑いを供給してくれます。
    マンガだと三者三様のキャラを描くのはやりやすい気がします。
    次のコマでいきなり違うことを描けますし、瞬時に戻したりしても問題ない。
    でも、小説だと難しそうです。

    2020年4月7日 15:45 編集済

  • 2020.04.06へのコメント

    アクタージュ、1巻から読みましたー😆(休校を利用して笑)
    なんといってもキャラクター達の個性が素敵✨
    夜凪が人と演技を通して変わっていく様も面白い!
    そしてそして阿良也が格好いい!
    すっかりはまってしまいました笑笑
    続きが気になります!!

    まだまだ油断が許されない時期ですね💦
    お体に気をつけてお過ごしくださいm(_ _)m

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます😊

    夜凪の描き方がいいですよね。
    成長する姿がとてもいい。
    小説を書く者としてはタメになるなあと思いつつ読んでいるのですが、現在は創作休憩中です😅
    アクタージュはすごい作品だと感じています。
    みんなにオススメしたい良質な物語です。

    お気遣いありがとうございます。
    彩さんも十分にお気をつけてお過ごし下さい。
    がんばりましょう!

    PS:阿良也みたいなキャラがモテるんでしょうか。そうかそうか!

    2020年4月6日 19:12 編集済

  • 2020.2.17へのコメント

     週刊少年ジャンプではないですけれども、最近、ハマっているジャンプのマンガがありますので、逆紹介しちゃいます。

     SPY×FAMILY

     ネットで無料公開している、少年ジャンプ+で連載中です。

     どんな話かというと、スパイ物です。主人公はすご腕のスパイ。
     ところが、普通のスパイ物ではありません。

     任務のため、急遽、家族を演じることになります。急ごしらえで、娘と妻を用意することとなります。
     スパイと関係ない一般人を選んだつもりが、なんと娘はある組織から逃げ出したエスパー。妻はすご腕の殺し屋。
     誰もが秘密を抱えたまま、偽の家族を演じることになるのです。

     名前すら捨てたスパイが、普通の家族を得ていくところがストーリーの肝。

     面白いのは、娘はエスパーなので、心が読めちゃっているのです。主人公と母役の思惑をわかったうえで、偽家族がつづいていくことを子どもながら頑張ります。

     三人とも家族でいることが、まんざらでもなくなっていきます。偽装のはずが、本物の家族になっていく様子も面白いところです。

     次くるマンガはこれ!と思ってしまうほどなので、ご紹介しちゃいました~

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    みかんあきさんも、「SPY×FAMILY」に注目されているのですね。
    わたしは最近、読み切りの1話だけ目にして感動しまして、この「JUMP通信」に感想を書いたのです(前々回のエントリー「2019/10/22」)。

    遠藤達哉 先生、もう、ウマ過ぎです。
    毎週放送されている人気アニメに、今すぐなっても違和感全くナシです。

    スリルあふれる非日常が、なぜか日常と両立している状況ですごく興味がそそられて。
    そこで3人それぞれの人間味がしっかり描かれているので感情移入が容易。
    男と女と子ども、という全要素があって。
    善悪と、そのどちらも併せ持つものもあって。
    なんというか、全方位、全人類に受け入れられて当然、みたいな気持ちになってきます。笑

    絵も上手くて。
    20年くらい描いてた感じです。

    Amazonで買おうと思っていたのですが、中古が出るまで待とうとして忘れてました。
    無料公開されているんですか?
    うれしすぎます!

    情報ありがとうございました!

    2020年3月18日 11:14

  • 2020.2.17へのコメント

    最近、漫画も含めて書物全体から遠離ってしまいました。
    これを拝見すると現在の漫画も進行形で面白そうですね。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    わたし、もしかすると数十年間ジャンプを毎週買っているかもしれません(社会人になるまでは毎週立ち読みだったかもしれませんが💦)。

    でも、ジャンプ一冊の中で、半分くらいの作品しか読んでないのです(いや、4〜5作品くらいかも)。
    読んでないのは面白くないからなのです。

    なので、わたし自身「最近のマンガは面白いです!」とオススメできないのですよね……。泣

    しかし今回ご紹介した4作品は自信を持って高レベルな作品だといえます。
    好みに合致するかどうかはいろいろですが、良質なマンガであると断言できます😃

    2020年2月17日 23:14

  • 2019年12月21日(1週間遅れ&何…へのコメント

    毎週購入しているのですか?ジャンプ作品はコミックで好きな作品を読んだりアニマックスで見てます。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます!
    毎号買っているのです。
    祝日とかで変則的に月曜が発売しなかったりして買いそびれると、Amazonとかで買ったりしてるのです。
    これってもう何十年と続いてるかも……。

    2020年1月21日 23:02

  • 2019.04.23へのコメント

    こんにちは。
    週刊少年ジャンプはいろいろ黒い噂がある所ですね^^

    私は今「鬼滅の刃」の沼に落ちないように、必死に頑張ってます。
    無駄な抵抗?
    昔から、ジャンプの漫画にはまっては後悔するので……。
    起承転転転転………ブチッ、何度泣かされたことか。
    でも、感想見てたら、ハマりそう……です。

    作者からの返信

    こんにちは!
    お読みいただき、ありがとうございます。
    星までいただき感激です⭐️

    戦闘モノのマンガは、たしかに長〜くなりますよね。
    鬼滅もいま時間が伸びています。
    でも、ラストの大ボスなので、仕方ないのです。
    逆に、このくらいネッチリやってもらって嬉しいくらいなのです。
    この最後の戦いで、鬼滅は完結するものと思われます。

    アクタージュは、まだまだ続きそうです。
    スゴいひとって、上のほうに際限なくいますからね。笑

    チェンソーについては、よくわかりません。
    ものすごく意外な展開が何度かあって、その先にプツンと恐ろしい(あるいはあっけない)最期が待っているはずです。
    藤本先生については、もう何でもありでぶっ飛んでほしいです!

    松本さんも、どうかジャンプ沼に再び!

    2020年1月16日 15:42 編集済

  • 2019.09.30へのコメント

    鬼滅ってすごい人気みたいですね。子供のファンが多いらしいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    炭治郎のピュアで天然なキャラと、個性的な仲間たちの描き方が、アニメにおいては子供たちに強くアピールしたのかもしれませんね。

    絶対にヒットすべき作品だと感じていたので、わたしはうれしいです!

    2020年1月5日 01:29

  • 2019/10/22へのコメント

    SPY×FAMILY、私も拝見しました!
    本当におもしろくてはまってしまいました…∩(´∀`∩)
    一瞬でキャラを好きになってしまった感覚!!
    同意見です!
    続きがすごく気になる作品でした( ´∀`)

    作者からの返信

    お読みいただき、ありがとうございます!
    お仲間からのコメント、うれしいです!

    ねー。
    ファンになっちゃいますよね。
    ほかの話も見たいですよねー。

    連載始まってまだそれほど経っていないようですね。
    単行本を買って読む、数少ないマンガになりました。

    PS:
    へんないい方になりますが、全科目90点オーバーのこの作品です。
    一方、80点くらいの印象の「チェンソー」のほうは、しかし瞬間的に115点くらいのことが何度もあり……。
    大きなひとコマを見たときに、ああこれは採点不能だ、と思うような瞬間もあり……。
    ああいうのが、なんというか、天賦の才というか、芸術のミステリアスな部分というか。
    鬼滅にも同じような感じを受けていて。

    ラノベの世界は、いま、こんなような突き抜けた才能を欲しているのだと思います。
    わたしの能力とは関係ないお話しなのですが。笑

    2019年10月22日 18:53 編集済

  • 2019.06.28(4日遅れ)へのコメント

    鬼滅の刃、漫画読みたいけど…読んじゃうとアニメ楽しみにしてるから、読めない…(笑) アニメ終わったころに読もうかと計画中。にしても、漫画版は結構進んでますね。 敵の数が少なくなってる…。 もっと長くやらないのかなぁ。

    作者からの返信

    こんばんは。


    敵の数が少なくなっているんですよ。
    大詰めなんでしょうか。

    もしも今の敵に勝利したとして、その時に新たな強い味方の集団が現れたりして、そんで新たな強い敵が現れたりして、主人公がまた新たな戦いに身を投じることになったりして……。

    それが昔のジャンプのパターン。笑

    2019年7月2日 22:03

  • 2019.06.17へのコメント

    こんにちは!
    鬼滅の刃はアニメを見ているのですが、このエッセイを見て漫画も読んでみよう!
    と思い、読んで見たところ、とても面白くはまってしまいました!!
    ジャンプはもとから好きだったので、
    やはり見逃せませんね!

    作者からの返信

    こんにちは!
    お読みいただき、ありがとうございます!

    鬼滅、アニメのほうもきっと面白いんだろうなあと思い、ネットでちょっと調べてみたら……。

    吾妻善逸の声の下野紘さんすばらしいですね、
    三ツ矢雄二さんっぽい感じだし。笑
    炭治郎もイイ声してますね。

    漫画のほうの物語初期では、炭治郎の天然ボケというか、面白いセリフがしょっちゅうあって、それが魅力になっていたと記憶します。
    漫画のほうでも、どうぞ楽しんでくださいね。

    現在、漫画では、長い物語のクライマックスに思えます。
    でも、活躍していない柱もけっこういて、最終回はまだまだ先かと考えています。
    どうなりますでしょうかね!

    2019年6月22日 14:38

  • 2019.06.17へのコメント

    今週は、まさかのキン肉マンがやったり、ソーマが終わってしまったり色々ありましたね!

    今週は来週が気になる展開になるものが多くて、堪らないですね!
    瀬夏さまがおすすめする3作品も来週の展開がすごく気になる終わり方でしたね!

    作者からの返信

    そうですねー、今週はいろいろありましたね。

    まさかソーマが最終回とは思いませんでした。
    でも、ちょっと思わせぶりではありましたね、今思うと。
    いろんな重要人物が集結していましたからね。
    なんとかJUMPというほうで、後日談のようなものが連載されるとか。
    読もうと思っています。

    すてきなレビューをありがとうございました!
    星をたくさんいただき、舞い上がります!
    JUMPを盛り上げようとするつもりは、ほんのちょっとしかありませんでしたが、これからも盛り上げようと思います。

    いやー、マンガって、ホントにいいものですね。

    2019年6月18日 22:27

  • 2019.05.13へのコメント

    パワーちゃんはかわいいですよね! 特に最近のカラー扉のパワーちゃんはすごく良かったですね! それなのにメインヒロインになれなそうなのが、なんとも……。

    作者からの返信

    パワーちゃんのような、いい加減だけど生きるパワーがみなぎっているひとに憧れます。
    姫野先輩が好きでした……。

    2019年6月18日 22:23

  • 2019.04.23へのコメント

    素晴らしいエッセイですね!!

    私もジャンプは毎週欠かさず購読しています!

    鬼滅、アクタージュは文句なく面白いですよね!
    チェーンソーは面白いのですが、ファイアパンチのラストのわからなさがあるので、まだ油断できない状況ですねw

    最近のですと、呪術廻戦も好きです!

    作者からの返信

    こんばんは!
    お読みいただき、ありがとうございます!

    ファイアパンチ、まだ読んでいないのです。
    なんでも、展開がぶっ飛んでいるとか。
    ラストも奇想天外なのでしょうか。
    うーむ。

    わたしはチェンソーにおける藤本先生の絵に感動して。
    呪術廻戦も人気があるでしょうね。
    ワールドトリガーも好きだったわたしですが、休載されていて、先生の健康が心配です。

    2019年6月18日 22:21

  • 2019.05.28(1日遅れ)へのコメント

    今のジャンプでおすすめってありますか?
    フォローありがとうございます。

    作者からの返信

    こんばんは!
    コメントありがとうございます。
    星までいただき感激です!

    やっぱりアクタージュは1番のおススメです。
    誰にでも楽しんでいただけそう。

    チェンソーは、ちょっとグロいかなあ。
    鬼滅も単行本で最初からならとても引き込まれると思いますが……。

    他には、Dr.Stoneがオススメでしょうか。
    地球上のほとんどの人間が石になってしまったところから、またはい上がる少年たちの物語です。
    科学の力を使う雑草魂が気持ちいい作品です。

    2019年6月8日 01:04 編集済

  • 2019.05.20へのコメント

    私も今こそ読んでいませんがジャンプっ子でした。
    有名どころではジョジョ、ハンターハンターなどが好きです。

    どうでもいい話をごめんなさい。

    西秋

    作者からの返信

    いつもありがとうございます!

    やっぱり空条承太郎が大好きです。
    まあ、おじいちゃんの時も燃えましたが!
    波紋のツェペリさんとか。

    ハンターも掲載されると必ず読んでいるのですが、いかんせんなかなか目にしません!
    旅団の時代が懐かしいです。

    歳とってしまいました。

    2019年5月26日 19:39

  • 2019.05.20へのコメント

    キャプテン翼2018にどはまりしていました。
    ジャンプ復刻版も買いましたが、
    現在のジャンプは読んでいないので、わかりませんが、
    永遠のバイブルですね。

    作者からの返信

    キャプテン翼のリメイクなんでしょうか!?
    BSアニマックス、ですよね。
    そういうチャンネル、うちにあったけかなあ。
    あるはずですよね。笑

    キャプ翼に感じることは、ピュアさとさわやかさです。
    才能、努力、憧れ、尊敬、楽しさ、チームワーク……。
    スポーツが持つ素晴らしさがぜんぶ詰まっていますね。

    2019年5月22日 11:55 編集済

  • 2019.05.13へのコメント

    私は、90年代黄金期世代です。ゆうゆう白書、SLAM DUNK、デスノやバクマンも好きでした。ひばりくんはアニメで見ましたよ。きめんぐみとか。

    作者からの返信

    デスノートとかバクマンも読みましたね〜。
    絵もキレイでした。
    90年代だと、すごいよ!マサルさんとか、地獄先生ぬ〜べ〜とか、思い出します!
    珍遊記も90年代初頭ですね。
    あの時期はすごかったですね。

    キャプ翼も、NINKUも、モンモンモンも。
    るろうに剣心、花の慶次、ターちゃん、マキバオー、幕張、封神演義、遊戯王、アイズ、リーダー伝たけし、HUNTER×HUNTER(連載開始)、ONE PIECE(連載開始)、ルーキーズ、シャーマンキング、ヒカルの碁、テニスの王子様、NARUTO……。
    (ネットで調べました。笑)

    ほんとにすごい。
    JUMPって、すごいなあと思います。
    ひとつの青春ですよね。

    2019年5月21日 17:51

  • 2019.04.29へのコメント

    私は、約束のネバーランド、暗殺教室、ドラゴンボールは好きでした。ニセコイはアニメで見ました。

    作者からの返信

    そうですか!
    わたしも暗殺教室は大好きでした。
    タコの宇宙人の先生のやつも好きでした。

    ドラゴンボール。
    わたし、第1話をリアルタイムで読みました。
    内容ぜんぜん覚えてないんですが。
    ちなみにパイレーツとかひばりクンとか(江口寿史先生)も読んでました。笑

    2019年5月21日 10:46

  • 2019.04.23へのコメント

    ジャンプ以前は、読んでいました。
    今も気になる作品は、読んでいます。

    作者からの返信

    こんにちは!
    応援、コメントありがとうございます。

    わたしは、もうかなり読んでいます。
    中学時代から。笑
    でも、わたしも好きな作品だけ読む感じなのです。
    国民的長寿マンガを読んでなかったりします。
    響 ピアノさんは、何がお好きなのかなあ。

    2019年5月21日 07:34

  • 2019.05.13へのコメント

     アクタージュ、芸能界とはこういうものと言いたいのかな。
     う~ん、読者層がそういう暗い展開を好むとされた、10代後半から20代前半なのかなと思いました。
     それで、そういう展開にしたのかも。だけど、今でもそうなのかな、違うような気がします。
     今の若い人は物語を読んで、現実でのストレスを感じると逃げてしまうような気がしますもの。
     だから、若い人も異世界ファンタジーを好むのだと思いますし。

    作者からの返信

    こんばんは。
    コメントありがとうございます。


    よく考え直すと、ジャンプの戦闘モノは、みんなストレス大きかったりします。
    鬼滅なんて、仲間が無残に殺されたりしているし、ルフィーもさんざん苦労をしている。

    積極的な読者は、かえってストレスを求めているのかもしれません。
    お金を払って漫画を読むひとは、積極的読者が多いかもしれません。
    ストレスフリーの漫画を求めるひとは、無料で読めるところに行くかもしれません。

    もしかしたら、お金を使わないで小説を読むひとは、ストレスフリーを求めているのかも。
    もしかしたら、ですけれど。

    2019年5月14日 21:22

  • 2019.05.13へのコメント

    ワンピースとかだけじゃなくて、鬼滅とかも、ゴールデンタイムにやったらいいのに
    …なんて思います。今時は、流血とかNGなのかな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    そして星までいただき、感謝です!

    そうですよね、鬼滅はゴールデンタイム級のすぐれた少年マンガだと思います。
    鬼のドラマは、今も昔もずっと続く人間のテーマに根ざしています。
    首を切られちゃうから、深夜枠でしょうか……。
    チェンソーも同様ですね。
    ちょっとダメっぽい。
    しかも今週は「しちゃう……?」なので。笑

    アクタージュはゴールデンタイムいけるかも。

    2019年5月13日 21:30