作品の感想は良い点のみを書く理由

作者 松宮かさね

123

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムに登録したての方、感想を書くことに悩んでいる方は、特に目を通していただきたい作品です。

人の作品に感想を書く時。あるいは、自分の作品に感想をもらった時、こちらに書かれていることが、とても参考になります。

なぜ、感想に批判を書いてはいけないのか? 感想にいいことを「だけ」を書く理由は?

この作品を通して、それらのことに対する、著者の心遣いを感じました。

★★ Very Good!!

どうも初めまして。
ワタシも某アマゾン等でレビューを書く時は
結構辛辣にモノを言ったりするので作者様の言葉は身に詰まされる想いですw
人間は単純に「褒める」より「批判をする」コトの方が『楽しい』んですよね。
ましてや「その作品が気に入らなかった(不快感を受けた)」という
「大義名分」があるわけですから余計にエスカレートしてしまうのです。
「褒める」という行為にはどうしてもある種の「嘘臭さ」が付きまといます。
ソレは何の事はないただの「嫉妬」なのです。
嫉妬してるんですからその感情を隠すためにどうしても言葉は
上っ面だけのモノ、嫉妬は不快感ですから余計に作品の本質から
眼を背けるという行為にも繫がっていきます。

故に、その事を理解した上で他人を「褒める」という行為を
論理的に分析し心掛けていこうという考えには敬意を表しますし、
他人のために敢えて難しい道を行こうとする
作者様の「覚悟」を感じます。
悪行を為すのは簡単ですが、善行を積むのは一番難しいからです。
でもだからこそ「価値」がある事だと想いますし、
アナタに褒められた人間は幸福なのだと想います。
願わくば、その気持ちが久しからん事を……
それでは失礼致します。

★★★ Excellent!!!

本作は童話教室に通っていた作者がその経験をもとに、アマチュア作家たちに投じたエッセイ。

タイトルがそのまま結論になっていて、本文はその理由を三つにわけて説明してくれています。

カクヨムでの読者の大半は『書き手』でもあると私は分析しています。そうであれば、このエッセイを読んであなたはどう思うか。

「短所に触れない」=「長所を伸ばす」じゃない。会社でもこの方程式をよく見かけるけど、それは誤っていると思う。

長所を見つけてその部分を伝えるのは難しい。私も、実際のところそこで止まっている気がする。だけど、もう一歩。お互いの真の交流と成長を願うのであれば、「その長所をどう生かすか」まで踏みこまなければならない。これは筆者も意識されている部分だと思います。

私ははたして、作者の長所を見つけきれているのだろうか。

一読者として、自問しました。

★★★ Excellent!!!

このエッセイを読むと、作者さんの創作に対する思いが伝わります。それは御自身の作品だけに留まらず、誰かが書いた、読まれることを待っている作品や、作家さんたちにも。創作にたずさわる作家さんや、小説が好きな方に、是非読んで頂きたい素敵なエッセイです!