時間列車 弍

 伸ばせなかった手。告げられなかった言葉。血の花に染まる彼女は微笑んで――悲しそうに微笑んで――


 







「お客さん、お客さん。起きてください。終点ですよ。」


「うぅ.......すみません。」


 朦朧とする頭を起こし、車掌と思しき人間を見やる。


「大丈夫ですか?。」


 聞き馴染みのないその呼称と、車掌の背後の車窓に映る自分の体貌が意識を醒ました。


「僕は、いつの間にこんな姿に.......」


 驚嘆に染まる声は、自分のものとは思えないほどにしゃがれていた。


「ここが終点だからですね。当時間列車の、終点です。当列車は、お客さんの時間を運ばせていただいております。」


「時間.......列車.......」


「お忘れ物のないように、お気を付けて。」


 そうか。僕は、無為のままにここまで来てしまったのだな。選択を違えたまま、鉛のような過去を引きずったまま。外は星一つない闇。頼りなく点滅した街灯が唯一の標。僕は言うことのきかない体を操り、しわだらけの顔を昏く歪ませ、列車から降りた。


 そのまましばらく立ち尽くしていると、車掌が訝しげにもう一度話しかけてきた。


「もしかして、お客さん。乗り過ごしました?」


「いえ、乗り過ごしたというか.......」


 そもそも目的地がなかったから、「ここ」まで来てしまったんだろうが。それを乗り過ごしたと表すのは甘えに過ぎぬ。僕には、ここがふさわしい――


「――ああ、もしかして、やっぱりですか?」


 忘れ物。そうか。僕は、あの日、あの時に、かけがえのないものを置いてきてしまったのか。


「――ええ、そうみたいです。どうやら、途中の駅に。」


「左様ですか。それは、とても大切なものなのですか?」


「ええ、とても。何よりも、大切なものでした。」


「それは大変だ。不躾なことを伺ってしまい申し訳ありません。生憎、もう終電は過ぎておりますが、そのお忘れ物が本当に大切なものなのであれば、きっと、列車は駆けつけてくれますよ。――そうこうしているうちに、ほら。」


 甲高くけたたましい音を上げ、反対側のホームに年季の入った列車が停まった。


「それでは、お気をつけて。」


 







 



 燦々さんさんと陽の輝く空の下、仰向けに寝転んだ僕は彼女に微笑む。陽光と血だまりがあたたかい。


「なんで.......いや、私のせいで.......」


「間に合ってよかったよ。」


 本当によかった。だからどうか、どうかそんな顔をしないで。


「どうして、どうして私なんかを庇っちゃったの?ねえ、ねえ.......」


「君のことが、好きだから。」


 彼女の大粒の涙が、血で塗られた顔に降ってくる。冷たくもあたたかい、不思議な雫。


「そんなの、私だって、私だって.......あなたのことが――」


 彼女の言葉を最後まで聞けなかったのが、唯一の心残りだった。


 


 







 次に目覚めたのは、あの列車の中だった。車掌は僕の覚醒を確認すると、問うてきた。

 


「お忘れ物は、回収できましたか?」



「ええ、無事に。」



 そう告げると、車掌は微笑み、車掌室に戻っていった。


  


「まもなく、終点、終点です。」


 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます