第30話 桔梗

 翌日、あたしはいつものように笑って、客を迎えて、いつもの山吹でいた。


 まだたくさんの迷いはあたしの中に降り積もる。

 それでもいまのあたしの居場所はここだ。

 だから向き合わなくちゃいけない。桔梗とのことも。


 桔梗はまだ座敷で臥せっているらしい。

 その閉じられた座敷の前で、あたしはためらっていた。


 ねえ、入ったとして何を言う気?


 せめて、殴り合いのケンカをした相手ならラクなのに。

 ごめんとか、許さないとか、そんな言葉ですむなら。


「あれ、山吹花魁。桔梗どんに御用でありんすか」

「あ……」

「申し遅れんした。桔梗どん附き禿、椿でござんす。桔梗どんに案内あないするゆえ少々お待ちなんせ」


 桜と梅とは雰囲気の違う、大人びた禿の子が「入りんす」と声をかけて桔梗の座敷にするりと身を入れる。


 しばらくの間のあと、襖が開く。


「山吹花魁、お入りなんせ」


 椿ちゃんの声。


 ここまで来たらもう逃げるわけにはいかない。

 桔梗とだけじゃなく、あたし自身とも向き合うために。


「山吹どん……」


分厚い布団と箱枕に埋もれた桔梗の顔はいつもより小さく見えた。


「いま、椿に茶を用意させんす」

「あれ、お構いなく」


なんとなく気まずい沈黙。


その口火を切ったのは桔梗だった。


「庇ってくだしんしたなあ」


まるで独り言のような声。


「なにゆえでござんしょう。わっちは性悪ですえ。山吹どんにも桜と梅にもひどいことを数多あまたいたしんした。椿にも好かれちゃあおりんせん」

「嫌だったんでござんす」

「何が」

「桔梗どんがぶたれるのが。わっちがぶつなら理にかなっておりんしょう。されどわっちはもう桔梗どんへの意趣返しはしんした。これ以上のことは……無益でござんす」

「無益ときなしんしたか。どれだけ欲のないことか。

 ……わっちは、羨ましかったのかもしやんせんなあ……」

「羨ましい……?」

「同じ売られた身……されど山吹どんはいつも笑っておりんした。禿の頃も新造になっても花魁になっても、一言も恨み言は申さなんだ。桜と梅を拾ってきなんして、やり手に叩かれても。されど、いつもいつもわっちを売った親を憎う思い続けささんすわっちは……のう、山吹どん」


「……なんでござんしょう」


「まだ遅うはのうござんすか。死ぬように生きるこの身を改めるのは」


 桔梗の切れ長の目のふちから涙がこぼれ落ちた。


「遅いなど……生きてさえおりんすれば、遅いことなどなんにもありやしやんせん」

「さよでござんすか……勝てないわけでありんすわあ。わっちがいかほどきたないことをしても笑っておりんした人……」


 桔梗の細い腕が布団から伸びる。


「これからは正々堂々、お職勝負と行きましょうえ」


 涙声で告げられた宣戦布告。

 あたしはそれを喜んで受け取る。


「あい。手加減せんから覚悟しなんし」


 あたしは桔梗の手を取り、強く握った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます