星の瞬く

作者 芦花公園

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ほんまもんの原石やこれ(実体験でしょという意味でなく、触ったらいけん系の摂理を扱っているのでは的な)……と思っていたら、卓越した文章力と溢れる教養で磨きをかけられ、素材の力を更に引き出すブリリアントな作品に仕上げられたと思います。
目を背けたくなるような悲惨な描写も少なくないにもかかわらず、タイトルのシンプルな輝きとあいまって、この作品からは底から光が滲み上がるようなある種の特殊な美しさを感じます。
とてもよかったです。書籍化希望。

★★★ Excellent!!!

ある日偶然、曰く付きの祠に祀られている御神体に触れてしまった女子大生とその友人が呪われてしまい……というホラー。

前半は呪いの正体がなかなか掴めず、謎が謎を呼び恐怖を掻き立てる展開が続く。文化人類学者やその関係者が、学説に基づく推測から呪いの正体に迫ろうとするミステリーとしても面白く、一気に読めた。

後半で明かされる大ネタは、本当に醜悪で救いようがなくて満足した。読後感もキチンと不気味さが残る良い匙加減。

あと、るみ殿が好きになった。彼女のキャラが絶妙なアクセントになっていて、暗くて重くなりがちな物語をほのかに照らす存在感を放っている。

そういう意味では道化役かもしれないが、今度は彼女を探偵役にした話も読んでみたいと思わせられた。

★★★ Excellent!!!

レビューを書くのは不得手なのであまり長く書けませんが、なんだろう、野菜をスライサーで切っていたら自分の指まで切っちゃったときみたいな、猫の手で包丁を使って肉切ってたら自分の第二関節のところを薄く削いでしまった時みたいな、「小さな取り返しのつかなさ」が行間の隙間に全体的に満ちていて、それが積み重なり、大きな歪みとなり、物語全体に狂気と破滅をもたらしているような、うまく言えませんが、読み始めた時点で読者も取り返しのつかない状態に引き込まれるように思えます、おえんおえん、おえんな、おえん、おえん。そんなものより人間が一番怖いです。