KACで振り返るお題小説のネタ出し方法と振り返り

作者 くろまりも

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

KACで書いた作品をもとに、そこへ至るまでのネタだし方法を丁寧に解説してくださっている。
これは、書き手として詰まってしまった時の、一筋の光明。

なるほど。
そんな方法がッ!!

中には、自分でも無意識にやっていた方法があるかもしれない。
でも、それ以外の「こんな方法もある」という事を、やり方を踏まえて例を挙げてくださっている為、自分一人ではどうしようもない時の、手助けになります。

書き手として詰まってしまった時は、この作品を手掛かりにすると良いです!
自分に合う新しい方法を見出せるかもしれない!
書き手なら一度は目を通すべし!!

★★★ Excellent!!!

かつてKACの「お題」に苦しんだ全ての作家に贈りたい。そして、今まさに小説を書こうとしている貴方にも。この法則に従えば必ず短編が書けると保証します。

中でも私が特にいい!と感じたのは【定型法】です。この手法は星新一のカード・プロット手法ともよく似ていて、しかも種類を増やすことで独自の発展性があります。
ネタに詰まった時、連載途中で筆が重くなった時、このエッセイに書いてあったことを思い出してみて下さい。

偶然なのか、作中で例文として紹介されていた小説の多くは、普段私がフォローさせて頂いている方たちの作品であったこともまた理論の正しさを裏付けていると思いました。

★★★ Excellent!!!

公募などで募集のテーマがあったとき、なかなか思いつかないことってありませんか?

そんな時にヒントになるのがこのエッセイです。
かなり破壊力のあるすばさらしい技法なので、本当はあまり教えたくない……と思うほど、納得の方法が詰まっています。

ネタに困っている人は是非!

★★★ Excellent!!!

私自身はネタ出し自体には苦労しないのですが、それでも自分とは違う方法が分かるのはいいですよね。ネタの作り方なんて多ければ多いほどいいに決まってますから。
自分の方法と掛け合わせるだけでも、深みも出るかもしれません。

他の作家様の思考法をタダで教えて頂けるなんて、お得ですよ奥さん。

★★★ Excellent!!!

KACの振り返りとKACでの作者さまのネタの出し方を紹介してくれます。
かなり興味を持って読みました。
だって、他の人がどんな風にネタだししてるのか気になるじゃないですか☆
私は気になります!
私が読んでる時点では『切り札はフクロウ』のネタ出しまでで、これから他のお題についても書いてくださるのだと思います。
楽しみです!