俺はウイルスである

作者 烏川 ハル

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 転生先はまさかのウイルス! ウイルスの仕組みを解りやすく人間に例えている為、自分がウイルスになった感覚に陥ります。そして何より例えが面白い! 主人公の語り口に何度も横っ腹を押さえる羽目になりました(笑)。様々なウイルスたちの出逢い(?)、そして葛藤(←)、ウイルス視点で人間世界を見られる話はここだけ! 是非皆様にもお勧めです!

★★★ Excellent!!!

皆さんは一体何であろうか。
まあ「普通」に行けばヒト、でしょうな。

ところがどっこい。
ここでは、あなたは「俺」である。
「俺はウイルスである」のだ!何と。

えー、良く分からないし難しいからなぁ。
そんな事言って、この作品を読まないのは勿体ないぞ。
何せ、ウイルスになれるのだから。

難しいと思わせない砕けた解説を耳に、ゆっくりと話は進む。
追っかけられて、捕らわれて。

俺はウイルスである。往く先は知らない。

あ、また増えた。