白衣の天使の禁断ごはん

作者 芳野よだか

いきてるから、おなかがすく

  • ★★★ Excellent!!!

 病院という、生と死の交錯する場に身を置く人たちの、生活に根ざした食の物語。
 見送るだけじゃない、確たる意志を持ってそれらを見つめ、手を貸し、成長もしていく。

 そんな人たちだから、食べることは事件だ。
 食べることは生きること。生きているということは、食べること。

 だから、ありふれた食事のひとつひとつが、大事なのだろう。

 そんな風に、日々の糧を受け止められる物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー