助けた少女が俺をおじさんと呼んでくるんだが。

作者 高月麻澄