爆弾拾いがついた嘘

作者 生津直

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

数日かかって、やっと読み終えた。
爆弾処理に民族間の衝突や日常の世界観が丁寧に描写されており、ストーリーも骨太で、読んでいくうちにどんどん引き込まれました。
主人公と爆弾処理の師匠のキャラにもぶれがなく、最後まで没入感を感じながら、とても楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

ナンバーワン不発弾処理士【新藤建一郎】の下で修業に励む【冴島一希】の人間模様を描いた物語です。
危険な仕事に励む人々の苦悩や焦燥が上手く書かれています。

豊富な知識量は関心させられる面が多いです。
”人”が丁寧に描かれており、非常に高いリアリティがあります。
情景描写が丁寧なのもあって、イメージ化しやすくなっています。

散りばめられたメッセージ性は、本作品への強い想い入れを感じます。
間違いなく読んで良かったと言える作品です。

飯テロもあります(小声)。

★★★ Excellent!!!

不発弾処理士。
こんな職業がアナタの街にいたらどうだろう?

架空の世界の話ではあるが、しっかりと練られた設定とその語り口に、ドンドン引き込まれていく。

連載途中ではあるけど、先が気になります。
タイトルにある「嘘」とはいったいなにか。

転生に飽きたアナタ、こんな「異世界」はどうでしょう?

★★★ Excellent!!!

小説を書くので「不発弾」という言葉が何時からか、心の中にあります。

不発弾という言葉を何処かで耳にする度「不発弾」で何か書ける話はないかと・・でもかたちにはなりません。

このお話はまだ完結していませんが、私が読みたい物語です。そして幸運な事に、この作家さんは、私が見たい世界を非常に上手く描いてくれています。

冒頭の爆弾処理の場面からの転換、二話への以降、本当に見事です。私もこういう話が書きたいと思うので楽しみです。

自分では書けないから(〃^ー^〃)