さよならさんかく、また居て君よ。

作者 夏祈