魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

1002. 夕食に間に合わないぞ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • これは魔王城に付属してある魔法陣にテコ入れが必要ですね
    ひとまず窓から入ってくる風の調整と雨よけを☔️

    魔王様は寝てる時も結界はってそうだから外気遮断と温度一定の効果をつければ風邪なんて引かないのでは?(。-∀-) ニヒ

    いや、もしかしたら1桁だけじゃないかもしれない…

    作者からの返信

    滅多に雨降らないし、風もあまりいたずらし
    ないですからね~(*´꒳`*)
    魔王がいれば風のいたずらも防いだと思われ
    ます。やられちゃった_( _´ω`)_

    2020年11月16日 20:39

  •  風だけでよかった。
     雨が吹き込んだ日には、もう……。
     魔の森は雨が降っていることが少ないですよね。
     血の雨や雷はよく振っていますが、魔力で呼び寄せた以外の天然の雨って人族の王都を殲滅した時くらいじゃないかしら?
     十年近く雨が降りやまなくても舞踏会やパーティーをしているから、あまり降らないなぁくらいの時期なんでしょうね。

     当初、200話の予定?
     やっだぁ、作者様ったら桁数を一つ間違っていますよ。
     2000話の予定ですわよね?

    作者からの返信

    (*´艸`*) 雨降ってたら事件ねww
    特殊インクでも文字が滲むのかしら~。
    魔の森はあちこちで降ってるけど、魔王様
    が晴れ男なので、彼が北へ行くと北が晴れるw
    南へ戻ると南が晴れるw
    雨が降らなくても困らない種族が多いから
    あまり天候は気にしなそうですね。

    200話……夢の短編ww←すでに定義が
    間違ってる

    2020年11月10日 19:21