38. 魔王様、盛大に殴られる

 保育を担当する角馬族ユニコーン精霊族フェアリー樹人族ドライアドの男女が、玄関先で様々な種族の子を預っていた。民間で同じような保育施設は存在するが、公的に魔王城が募集しただけあって、やはり貴族の子が多い。


 貴族は自宅で我が子を教育することが普通で、預ける発想はまずない。城下町の子供達は、すでに民間の保育施設に通っていた。転園してくる子は少なく、ほとんどが新規なのだ。森の中の種族が多いため、ドライアドは強力な監視役になるだろう。


 思ったより多い子供の数に驚きながら、リリスを目の前のユニコーンに託す。素直に離れてしまったので、空になった左腕が寂しい。ぐずって欲しいとは思わないが、あまりにあっさり「ばーばー」と手を振られてしまった。


「……リリス」


「あなたが子離れしなくて、どうします!」


 ベールはルキフェルを預け終えたようで、軽く手を振ってからルシファーを引き摺って玄関を出ようとする。


「だって、……こんなあっさり。普通はぐずって……」


 泣いて見送ってくれるんじゃなかったのか? 最初の説明と違うぞ! 抗議するルシファーが指差す先で、魔狼族の子供が必死に親にしがみ付いていた。隣は兎人族で、やはり大泣きした子供がいる。後ろ髪を引かれる思いで離れる親達を、羨ましそうに見つめた。


「ぐずらないのは、リリス嬢の自立心の表れでしょう。成長を喜んであげてください!」


 なんとか説得しながら、無理やり玄関をくぐり抜けたところで泣き声が聞こえた。


「るっ! ルー!! うわああああ、ルー!」


 姿が見えなくなったことで、ようやく不安になったらしい。アスタロトやベールが抱き上げる経験を経て、近くにルシファーがいれば抱っこされても平気だと学んでいたのだろう。それがルシファーがいないのに、知らない人に抱っこされている。現状に驚いたのだ。


 泣き声を聞くなり、バチンと雷でベールの手を弾いたルシファーが飛んで戻った。そう、文字通りちょっと宙に浮いていたんじゃないかと思われる。素早い動きでユニコーンの手からリリスを受け取り、黒髪を撫でて落ち着かせた。


「ルーだぞ、リリス。もう泣かなくていい……っ」


 後ろから怒りの形相で歩み寄ったベールが「失礼」と詫びにならない一言と一緒に、凄い勢いでルシファーを殴り倒した。油断しきった状況で後ろ頭を叩かれて、ルシファーが崩れ落ちる。咄嗟に子供を回収したユニコーンが目を見開いた。


「あとはお任せします」


 気を失ったルシファーを肩に担ぐと、ベールは優雅な足取りで帰っていった。


「……この騒ぎは毎朝起きるのかな?」


「大丈夫よ、最初の数日だけだから」


 子供がなれてしまえば平気。そう告げるベテラン保育士ドライアドの言葉に、新人ユニコーンは不安そうな顔をしながらも、泣き出したリリスをあやしていた。





 がばっと起き上がると、そこは執務室のソファだった。


「え、リリスは? 泣いてただろ」


「陛下、あれは子供の成長過程です。それより早く執務を終えませんと、お迎えの時間に間に合いませんよ」


 大量の書類を指差すベールに舌打ちされる。きっと彼の内心は「散々説明しといただろ、育児書ちゃんと読んだのか!? ああ?」と荒い言葉で罵倒しているかも知れない。睨みつけるベールの表情に、渋々書類を引き寄せる。


 ちらちら彼の顔色を窺いながら、ルシファーは書類の山を崩し始めた。結局昼食の時間を削りに削って、ようやく夕方にすべてを決裁し終えた。


「よし、お迎えだ!!」


 今日一番の笑顔で立ち上がったルシファーの膝から、ひらりと書類が一枚落ちる。拾い上げると複雑な計算式が並んだ添付資料だった。決裁中に落ちたのだろう……あの山のどこかから。


「明日にしよう」


「陛下……」


 どういうつもりか尋ねるベールの声に、「いまやる、今やるから!!」と必死の弁明をしながら書類を確認し始めるルシファーがいた。当然ながらお迎えがすこし遅れたのは、言うまでもない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます