夢色雨情

作者 八島清聡

これは読むべきです

  • ★★★ Excellent!!!

4,000字たらずでこんなにかけるものなんてと
希望と絶望がまざったような複雑な感情になりました。
つまり感動しているのだと思います。
夢と雨と情愛と涙、最後のせりふに胸をうたれました。
すばらしい、の一言です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー