あと三分で死ぬとカップラーメンが食えない

作者 ささやか