嘘と微熱の暗殺者

天星 雨

myrule yourrules ourrules

 差し出されたのは、一輪の青いバラ。


 私は、められた恨みも込めて、バラの持ち主を少しだけ睨む。暗殺のターゲットでもある彼を。

 とは言え、ルールはルールだ。

 短いため息を漏らし、私は黒髪の彼の瞳と同じ色のバラに、手を掛けた。ルカは私の手ごとバラを掴んで、少しだけ目を細めて笑って見せる。


「言ったろ。俺も一度決めたらがさないって」


 ここで初めて会った時と変わらない、温かい手をした彼は悪戯いたずらにそう囁いて見せるのだった。


――7日前――

 暗殺者は、決してターゲットに怪しまれてはいけない。

 闇に紛れるように、ひっそりと。それが叩き込まれたルール。


 そのはずだった。


「お嬢さんが何者なのか知らないが、ここでのルールは守ってもらわなきゃ」


 あまつさえ、ターゲットと一緒にロンドを踊るなど断じてありえない!

なのに、気が付いたときには彼。ミーラ・ルカシュオンのペースだった。今更、振りほどいて警戒されるわけにもいかず、彼の手から逃れようとするのをやめた。

 平静を装って、辺りを包む軽快な音楽に身を預ける。


「なんの事かしら?」


「とぼけるなって、俺を狙いに来たんだろ。殺し屋さん」


「……」


「沈黙は是なり。だぜ」


 そっと踊りながら、舞踏の輪から抜け出た。彼にリードされるまま、カーテンの奥の個室に連れ込まれる。

 分厚いカーテンに阻まれ、舞踏会の賑わいと、音楽が遠のく。


 暗殺するには格好のチャンス。

 頭では分かっているのに、何故だか手が彼から離れない。まだ、バレた動揺が続いているんだ。感じたことのない胸の早鐘をそういう事にする。


「……どうして、分かったの」


「社交の場での立ち居振る舞いは完璧だが、パルファムの香りがしない」


 一体どういうつもりなのか。私の正体に気付いているのに、彼は無防備にも私の耳の傍まで顔を近付ける。素肌に触れそうな距離。


「じ、人工的な匂いは嫌いなの」


「じゃあ、これは?」


 オレンジ色の豆電球に照らされ、針型の暗器あんきが光る。私がオペラグローブに込んでいたものだ。


「……何が目的?」


「惚れた女を口説くのに理由はいらないだろ」


「とぼけないで」


 やっとの思いで彼を突き飛ばして、距離を取る。


「本気さ」


 爽やかで、嫌味のない笑顔。とてもじゃないが、裏社会の新興マフィアの頭とは思えない。

 ましてや、命を狙われる人間だとも。


「どうかしてるわ」


「マフィアの首領ドンとしては、最高の誉め言葉だな」


「言ってられるのも今の内よ」


 睨んで見せるがまるで効果がなく、余裕ぶった微笑みに打ち返される。


「明日も会えるだろ」


「貴方が、生きていればねッ」


 もう一度伸ばされた手を振り払って、精一杯の強がりで答える。彼の熱が、全身を伝うより早くカーテンを抜け出す。クロークに預けたローブを回収するのも忘れ、夜の街へ飛び出すのだった。


 失敗するのは、相手の事を完璧に把握できていないから。


 ミーラの暗殺のかたわら、彼の事を徹底的に調べ上げる。もう、同じ過ちは犯さない。


 ミーラ・ルカシュオン。若くして、新興マフィア“チェーロファミリー”の頭を務める。武闘派で、昔は帝国軍の小隊長まで上り詰めていた。マフィアにしては義賊的で、むしろ非人道的なマフィアやテログループを潰す事数回。同業者潰しの異名を誇る。人望は厚い。


 調べれば調べるほどに、あの風貌と寸分違たがわない人物像が浮かび上がる。そして、一番の暗殺チャンスがあの舞踏会しかない事も。


「来てくれないかと思ったよ」


「自分の言葉には最大限、責任をもって生きるようにしているつもり」


「カッコいいね」


 口笛を吹いて、彼は今日も私をダンスに誘う。優しく触れたその手をたぐり寄せ、彼のスーツを掴む。


「今日は、何回俺を殺そうとしたの?」


「8回かしら」


 そっと始まったバイオリンの旋律に身をゆだねる。


「なかなかしつこく狙われてるんだな」


「嫌だったかしら」


「まさか、美人に命を狙われているんだ。光栄だよ」


「よかった。私、一度決めたら逃がさないの」


「奇遇だね。俺も一度決めたら逃さない性質たちなんだ」


 一瞬。彼の青い瞳が強く光った気がした。他の人からは感じられない緊張と高揚。表面的には穏やかに、彼はさらに言葉を続けた。


「ゲームをしないか?」


「ゲーム?」


「そ、俺は君を手に入れたい、君は俺の命を奪いたい。条件は揃ってる」


「ルールは?」


「期限は、10日間。君は今まで通り、俺の命を狙えばいい。ただし昼間だけ。夜は毎日ここで俺と踊ってほしい」


「それまでに私は貴方を殺せたら勝ちなのね」


 彼がひとりで行動するのは、この舞踏会の間だけ。このゲームを受るのは、チャンスをにするのと同意だ。が、私が傍にいる以上他人にターゲットを奪われる不安はない。

 何より、その自信が気に入らない。


「そのゲームのるわ」


「お気に召していただけたようで何より、ところで……」


 音楽と音楽の小休憩。少しだけフロアが賑やかになり、彼はまた囁く声を私の耳元に寄せる。


「君の名前を教えてくれないか?」


「私の名前……?」


「“君”じゃ味気ないだろ。嘘でも構わないから、さぁ教えて」


「ニフル」


 久しく使っていなかった名前を口にする。言ってから少し後悔。

 偽名なんていくつも持っているのに、どうして。それだけもう彼にほだされてしまったのだろうか。


「ニフル。俺はミーラ・ルカシュオン。って知ってるよな」


「ミーラ」


「ルカでいいよ」


「ルカはいつもこうなの?」


「違うよ。ニフルだけ、本当に俺は君を手に入れたいんだ」


 まるで、本物の貴族みたいに、ルカが私の手をうやうやしく口元に寄せる。黒いレースのオペラグローブに、触れるか触れないかの距離。経験したことのない扱いが、私を麻痺させていく。


 次の日も。その次の日も。他の依頼をこなしながら、私はルカの暗殺と夜のダンスを続けていた。

 決して。怠けているわけでも、本気で無い訳でもないが、彼は手ごわい。


「最近、始終狙ってない?」


「えぇ、その通りよ」


「そんなに俺のモノになるの嫌なの?」


「それとこれとは話が別」


 これは、そう言うゲームだ。それに依頼を遂行しないのは、暗殺者としてやってはいけない。引き受けた以上、最大限を発揮する。それは誰が相手だろうと変えないと決めているのだ。


「ニフルのそういう所、ますます好きになるね」


「……」


 他の人間なら冗談で流せるところだが、ルカはいたって真面目な顔で言うものだから反応に困る。ここは強引にでも話を断ち切る方が得策か。


「これありがとう」


「どういたしまして、よく似合ってるよ」


 示したのは、私のドレスの胸元に付いた赤い宝石が埋め込まれたブローチだ。この舞踏会のパートナーを示すブローチらしい。

 これをつけて以後、他の男性が寄り付かなくなったので、効果は抜群のようだ。


「他の人のをもらったりなんかしちゃ、ダメだからね」


「誰も寄り付かないの知ってるでしょ」


 それでなくとも、日頃から生きている人間より死体と接する方が多いって言うのに。ルカはおかしなことを言う。

 

 戯れの様に、冗談の様にこうして時間は過ぎていった。


 そして、ゲーム開始から5日後。


 すっかり板についてしまった令嬢スタイルでロビーへ行くと、黒服のスタッフに止められた。


「ミーラ・ルカシュオン様のパートナー様でございますね」


「えっ、えぇ。そうだけれども」


「こちらにお越しください」


 いつもの扉とは違う、枠に象牙の装飾が施された、扉の前に立たされる。なんだか、嫌な予感がする。逃げるチャンスを窺うが、下手に手を打って、会場に二度と足を踏み込めなくなるのは避けたい。

 ロビーの雑音が、いつもより大きく聞こえたその時。

 扉が開いた。


 扉を開けた黒服が促すまま、私は会場の視線を一身に浴びて入場した。目の前には、いつもと変わらないルカの姿。それだけで、ほっとするような。この状況を作りだした犯人として断罪てやりたいような。

 少しだけ長いドラムロールが流れて、穏やかなクラシックに変わる。


「今宵も舞踏会にお集まりいただき、感謝いたします。久しく我らが舞踏会のブローチでの求婚者が途絶えておりましたが、今夜ミーラ・ルカシュオンの求婚が正式に認められたことをルールにのっとり宣言いたします」


 マイクを持った黒服の言葉を、頭の中で何度もかみ砕く。

 要するに、このブローチはただのブローチではなく。


「求婚の合図ってわけ」


「ルカ」


「5日間そのブローチを付けた女性は、男の求婚を受け入れたとして舞踏会で正式に認められるんだ」


「そんなこと一言も言わなかったじゃない」


「言ったら、ゲームの終了の前にゲームが終わるって気付かれるだろ」


 会場に広がった熱波に水を差さない程度にルカを問い詰めるが、飄々とかわされてしまう。


「終わりにしようぜ」


 彼は、一輪の青いバラを私へ向けた。


 められたが、悔しくはなかった。私がこれほどまでに手こずらされる相手だ、諦めもつく。


「言ったろ。俺も一度決めたらがさないって」


 彼の微笑みの裏には、計算高いマフィアの頭の顔が隠れているに違いない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

嘘と微熱の暗殺者 天星 雨 @AMAHOSIAME0731

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ