主婦の私の帰り道

 家事に育児にと何かと大変な私。

 ただいま買い物を済ませて帰るところです。

 近所のスーパーだから自転車だけど坂があって結構きついんだよね。


 だいぶバランスが悪いけどあとちょっとで家に着くぞ!


 あと少しのところで奴はやってくる。

 最後の難関、地獄の坂道のお出ましである。


 必死で自転車をこぐ私をスーパーのレジ袋が私を鼻で笑っているように見える。

 はぁ、絶対上り切ってやるぞ~。


 ~三十秒後~


 私は自転車から降り、この足で坂を上っている。

 決して坂に負けたのではないぞ。

 足の健康に気を使っているだけだぞ。


 降りるなら初めから降りればいいんだけど、なんか挑戦したくなっちゃうこの気持ち。

 そんなこんなでやっと家に到着。


 ふと空を見上げると何やら虹色のものが。

 やっぱり虹だ。


 あれ、なんか私ツイてる?

 ちょっとした発見も帰り道はなんだかうれしくなっちゃうんだよね。

 

 虹は私に微笑みかけたようだった。

 私も虹に微笑みを返しながら家の扉を開ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ほっと一息、ただの帰り道の話 如月風斗 @kisaragihuuto

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ