声のうしなった世界で響く声

作者 ちびまるフォイ

27

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ブラックユーモアや不条理系作品が多いようですが、こういうズキッと泣けるのもいける!

 これだけ安定したものを700本も書けるってすごくないですか。
 まえにも言いましたが、この人がアマチュアなのは世界の損失。

 星新一の再来、いや、超えるものとして、早くその名をとどろかせてほしい。

★★ Very Good!!

おそらくは、そう遠くない未来のお話。

急激なスマホの普及により、人は声を発することをしなくなった。外見や性別への差別がないように、人々はすりガラスを身に着けて己の顔を隠し、発言がログに残ることを恐れて自由な発言すら憚られる世界⋯⋯

そんなある日、主人公はすりガラスを身に着けず、端末を使用せずに喋る謎の女性と出会い、当たり前であった社会の違和感に気付いていく。


僕達の祖先のしっぽが無くなったのは退化なのか、あるいは進化なのか。『声』を失ったことは果たしてどちらなのか⋯⋯

無変化であること、それもまた一つの進化なのかもしれない──そんなことを考えさせられるお話でした。

ご一読あれ、後悔はさせない。