それでもこの冷えた手が

作者 卯月

43

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

奇妙な病が蔓延して、閉ざされてしまった谷、そこに残された手記を元に、物語は進行していきます。
最低限の情報しか提示されていないのに、背景や登場人物たちの悲しみ、苦しみをどこまでも想像させられました。
ラストは一種の美しさも感じられ、より一層胸を締め付けられる思いがしました。

★★★ Excellent!!!

僅か800文字でここまで書けるとは。
『知られざる時と場所での葛藤」が心の琴線に響くたちなので、
この物語はとても魅力的です。

簡潔な描写ながら読むものの心から感情を引き出す力がある。
冒頭の引きもあり、伏線が張られ、最後に切なさが二重の余韻となって伝わります。
掌編に見えて、大長編の一挿話としてもおかしくはない出来と感じました。
長く書かなくても伝えることは出来る。だがそれは至難の技。
その技を見せて頂きました。ありがとうございます。