お妃様は無事王様を暗殺できるか?

作者 丹羽夏子

40

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

比翼連理と評判の王と王妃。

しかし、王妃には密命が!

シリアスなシチュエーションをコミカルに描かれていて、とても楽しく拝読しました。王さまがいいキャラで、なんとなく秘密が分かってそうで分かってなさそうな雰囲気なところが、逆に緊張感を感じさせて、ドキドキです。

前後編の短編なので、王妃の密命がどうなるのかと思いましたが、ふふふ。それは言わないことにします!ぜひ結末まで読んでください!オススメです。

★★★ Excellent!!!

はぁ〜、素敵。
比翼連理の相思相愛で有名な、鷹揚な王様と繊細なお妃様の優雅なイチャイチャ話です。
身分低い貴族の娘であるお妃様は王様に溺愛され、お妃様も王様のことを心配し、もう脳みそがとろけるほどの甘い夫婦のひと時……

……だと思ったら大間違い。

お妃様は実は王様を暗殺するために雇われた刺客なのでした。
ですが、この刺客、慎重すぎる性格ゆえか、考えすぎて考えすぎて、なかなか王様を暗殺できず……。無事、標的を暗殺できるのでしょうか、この刺客。

お妃様(刺客)がどんどんと思考を暴走させていくのが、傍目から見ると非常に面白いです。そして、台詞と行動からだと、たんにお妃様と王様がいちゃいちゃしているようにしか見えないのも。
そもそもお妃様は、標的である王様をなかなか暗殺できないのは、本当のところ……。
そう考えると、むしろお妃様の独白がすべて言い訳に聞こえてきて……。

けれど、一つ気になる点があるのです。この物語では一切心理描写のされていない王様も、お妃様に対して、何か重大な秘密があったら、と。

そういった余白があるのも、この物語の魅力的な面の一つです。
さえわたる心理描写と、真面目すぎてむしろお茶目なヒロインがお好きな方に、とってもオススメです。

はぁ〜、素敵。