Shooting Stars ~光鎧騎兵のカタルシス~

作者 猫マイル

42

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語は詩的表現で織り成すサイエンス・フィクションです。
極限まで洗練された戦闘描写は、疾走感と緊迫感があります!

そして人ならざる「ホシビト」の存在から、物語の世界情勢が窺えてきます。
異界の脅威から守られている筈の人類が、彼等の存在に怯える構図からは、人の在り方を深く考えさせられますね。

東京キングダムから物語は一気に加速するので、是非とも読み進めて欲しい!
異界となった東京の群像劇、皆様も週末に読み込んでみては如何でしょうか!

★★★ Excellent!!!

「”スピーディー”で、”ヘビー”」

 この小説を一言で言い表すならこうであろうか。

 まずは、話の展開、諸々の描写が速い、ここが「スピーディー」。と言うよりも、各所に無駄がないというべきなのだろうか。それ故に、オリジナルな要素も前情報が少なくても読みやすく、戦闘シーンも実に痛快である。

 続いて、「ヘビー」。「スピーディーなのにヘビー?」と思うかもしれないが、ここでいうヘビーとは内容面の重さである。主人公たちは『ホシビト』と呼ばれる人間モドキ。姿形は人間と同じなのに、斬っても焼いても、モーニングスターで潰そうとも、平気。でも、だからこそ普通の人からは恐れられ、気味悪がられる。しかも、彼らは本物の化物『ボーン』とも戦わないといけないとくれば、その環境は劣悪である。

 でも、そんな環境でも主人公たちは文句は言うが、普通の人間のように暮らしている。

 だが、果たして全ての『ホシビト』がそうでいられるのだろうか?
 ただ文句を言うだけで、この環境に我慢できるのだろうか?

 抑圧された元人間の現化物たち、『ホシビト』のこれからの展開に期待しております。