滅亡の畔

作者 藤見 暁良

謎のプロジェクトがもたらすのは救済か、それとも滅亡か

  • ★★★ Excellent!!!

決して癒やされることのない、じくじくと膿んだままの傷。
ひりひりとしたリアルな痛みを感じる、そんな閉鎖的な主人公の世界に、突然交差した非日常。

怖い物見たさにページをめくれば、詳細がわからない謎めいた人物ばかり出て来て、次第に主催者側が提示するプロジェクトがはっきりとしてくる。

そのプロジェクトに込められた真意はなにか。
主人公はどう動くのか。

簡単には読み解けない因果応報な復讐劇、是非ご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

藤奏さんの他のおすすめレビュー 3