二の二

 小雪の気遣いの甲斐もなく、燭台を手にした女官の先導に続く花祝の心臓は、先ほどからうるさいくらいにバクバクと鳴り響いていた。


 清龍殿の外の詰所では、内裏の警備にあたる滝口の武士らと共に、楓が待機しているはずだ。


 それを思うと心強く、祓いに対しての恐怖心は薄れるのだが、花祝の心臓をうるさくするのはそれとは別のことだ。


(あの麗しの極みにおられる陛下のお傍で宿直とのいするなんて、一晩どうやって過ごせばいいのかしら)


 宿直中の仮眠は許されているものの、万が一にも邪気が来た時に気づかなかったら心配だし、そもそもかの端麗寛雅な帝の御気色みけしきをお傍に感じていたら、一睡もできないのではないだろうか。


 それに、一晩侍るとなると、陛下とお言葉を交わすこともあるかもしれない。

 雲の上におわすような御方を前に、緊張のあまり失礼なことを口走ってしまわないだろうか。


「こちらが夜御殿よんのおとど。陛下はすでに中におわします」


 花祝があれこれと気を揉んでいるうちに、清龍殿の奥まった場所にある、豪華な装飾の施された枢戸くるるどの前に案内された。


「私ども帝付きの女房は、今宵はこちらの二間ふたまにて待機しております。何かございましたらいつでもお声をお掛けください」


「はっ、はい」


 女官に一礼され、花祝は鼓動の乱れを整える暇もなく夜御殿に入ることに。


「龍侍司様のご到着にございます」


 枢戸が開けられ、恐る恐る足を踏み入れると、中央に掛けられたとばり(垂れ絹)の向こうに御殿油おんとなぶら(燈台の明かり)がゆらめき、ゆったりと座した姿で寛いでおられる影が見える。


「龍侍司にございます。祓いのため、今宵こちらに侍らせていただきます」


「うむ。よろしく頼む」


 昼間と同じ涼やかなお声でお言葉を賜り、花祝は帳の手前に敷かれた畳に座り、帝に聞こえないよう小さく息を吐いた。


 陛下は何か書物を読んでおられるのだろう。

 時折ぱらり、ぱらり、とゆっくりと紙をめくる静かな音が聞こえてくる。

 御殿油の灯心が、ジジッと微かな音を立てる。


 静寂の中で聞こえてしまいそうな鼓動をなんとか鎮めようと、花祝は懐からそっと短刀を取り出して眺めた。


“代わりの儀” で、菖蒲から受け継いだ “破邪の刀” 。


“遣わし” として生まれた花祝がこの懐刀ふところがたなに触れるだけで、これが元々自分の物であったかのように手に馴染み、心が落ち着いてくるから不思議だ。


 何とはなしに “破邪の刀” の柄に巻かれた錦の織り目を指先で撫でていた、その時。


(来た──!)


 紫黒しこくの色に澱んだ邪気が、ゆるりするりと戸の隙間から入り込んできた。


 内裏の穢れに引き寄せられ、結界の僅かな綻びから入り込んできた邪気。

 こうした邪気が人に憑くと、人の心を乱したり、病を引き起こしたりすると言われている。


「清らなる龍よ、我に破邪の力を遣わし給え」


 破邪の刀の鞘を抜いて遣わしの呪文を唱えると、花祝の纏うかさねが輝きを増した。

 その光に吸い寄せられるように、邪気が花祝の体を包む。

 破邪の刀で切り裂くと、じゅっという微かな音をさせて、引き寄せた邪気が霧散した。


 まずは無事に邪気を祓えたことで、花祝はふう、と安堵の息を零す。


 この世界では、穢れのあるところに邪気や物の怪が引き寄せられて現れるのはよくあることであり、花祝も坂東の屋敷の内外で紫黒の邪気や小さな物の怪の類を幾度も目にしたことがある。


 それゆえこの夜御殿に出た邪気に対しても落ち着いて対処できたわけであるが、それでも帝をお守りするという使命を背負うと、必要以上に緊張してしまう。


「……何か入ってきおったか?」


 帳の向こうにおわす彗舜帝からお声がかかった。


「はい。紫黒の邪気が妻戸より入り込みましたため、祓いました」


「そうか。ご苦労であったな。都は人の多く住み、富と権力の集まるところ。千年に渡る人の恨みつらみが積もっておるため、邪気や物の怪が生まれやすいのだ。頼りにしておるぞ」


「はい」


 ご自身の寝所でお寛ぎなさっているせいか、帝のお声は代わりの儀で拝聴した時よりもだいぶ柔らかい。

 けれどもその涼やかで艶っぽい声色はやはり耳に心地よく、陛下のお声を間近に聞けるだけで役得であると思える。


 ばたり、と書物を閉じる音がして、再び静寂が訪れた。


(陛下はお休みになられるのね。もし物の怪が来ても、なるべく音を立てないようにしなくっちゃ)


 物の怪が出やすいのは丑の刻。

 邪気程度であれば襲の浄気で祓えるため、花祝も少し休もうと脇息きょうそくにもたれかかって目を閉じる。


(故郷の家族、乳母の琴、乳兄妹たちはどうしているかしら……。空良そらの元服が近いから、皆きっと準備に忙しくしてるわね)


 桜花京から遠く離れた故郷を思い浮かべ、弟の烏帽子着えぼしぎ(元服式)に参列することが出来ないことを少し残念に思い、小さくため息をついた。


「……眠れぬのか?」


 帳の向こうから涼やかな声がかかり、花祝は慌てて居住まいを正した。


「あっ、も、申し訳ございません」


「気にするな。私も寝つけずにいたところだ」


 臥していた人影がゆっくりと起き上がる。


「……帳に隔たれたまま言葉を交わすのも趣がないな。龍侍司よ、こちらへ」


「……は、はい?」


「帳をくぐり、もっと傍に来いと言うておるのだ。春の夜の趣深さを味わいながら、ゆっくり話をしようではないか」


(え……え……っ、ええぇーーー!!?)


 彗舜帝からの思わぬ誘いに、花祝は心の臓が口から飛び出そうなくらいに驚いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます