ヘビ型ロボットの栄光と挫折

作者 @hiro1969

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SFというジャンルは往々にして、技術についての考証、それが社会に与える影響の描写など、どうしても紙面を割かねばならない「説明文」がなければ生きていけません。

しかしそれは時に物語を本筋から脱線させたり、読者を飽きさせたりと、多くのデメリットを作品にもたらし、つまらない小説へと陥る原因の一つになります。それゆえに、そこで如何に飽きさせずに読ませるかが作者の技量が非常に問われるとこなのですが……なんと本作は全編それのみ。けれども物語がきちんと用意されていて、しかも飽きるどころかさくっと読めてくすっと笑える。ぞうきんの比喩、好きです。もちろん、最後の落ちも秀逸です。

SF好きの人も、そうでない人も、ぜひ読んでいただきたい見本のような掌編です。