死にたがりな少女の自殺を邪魔して、遊びにつれていく話。

作者 星火燎原

不幸な彼らが幸せになるまでの、奇蹟の話。

  • ★★★ Excellent!!!

タイムリープを使って彼らはただ遊びに行く。もちろん相葉には目的があるのですが、実際にやってることはそれだけなんです。
でも本当ならそれは、わざわざタイムリープなんて使わなくてもできることのはず。普通に遊んで、楽しんで、そしてその時間を共有する相手がいて、時に恋をする。そんな当たり前を、彼らは不思議な時計を手にしてようやく得ることができた。
奇跡で与えられた有限の当たり前の先には、悲しい未来が待っているかもしれない。
けれど、何度も時間を巻き戻しながら、寄り添い合いながら今を生きる彼らの物語はとても温かく、胸に沁みました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

えーっと、読み終わってすぐにコレを書いているので、若干言語能力が飛んでしまっております。

取りあえず、イイぞ!

素敵なので、とてもお勧めです。
とても、イイです。
最高です。


ものっそい好み… 続きを読む