灰色の花

作者 Yuri

15

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

心情描写、うますぎです。
メレンケリやグイファスの心情はもちろんその他の人物の心情もすんなりと入ってきます。
本当の意味でキャラがたっているとおもいます。

設定にもまた惹かれます。
メレンケリが持つ石にしてしまう力がどうしてあるのか、その謎が段々と解けてくその過程は魅力的でした。
全てが繋がったときは、成程!と思うしかありませんでした。

登場人物は基本的にいい人たちで、とても温かい世界です。

★★★ Excellent!!!

一言で簡単に説明しようとするとボーイミーツガールな物語。なので、ボーイミーツガール好きさんにはぜひ読んでいただきたい話!…なのですが、それだけでなく、それだけではまとめきれないお話で!
主人公メレンケリが成長していく様がとてもまばゆい物語です。

触れるものを石に変えてしまう右手を持つメレンケリは「石膏者」として、罪人を(私たち読み手にとってはまだ疑いのある段階の人さえも)石に変えなければならないという仕事をしています。
自分の仕事に苦悩しながらも、仕事を全うしていた彼女は、ある出会いをきっかけに、自分の力に疑問を持ち、少しずつ変化をしていきます。
メレンケリの石膏者としての力が、鍵であり、見所でもあるのですが!
個人的には、それ以上に、この出会いをきっかけに、メレンケリの中にあった数々のわだかまりが溶け、いろんな対話をしていくところも見所だと思っています。
前を向くように、成長していく姿がまばゆく、そんな彼女を応援しています。

いよいよ最終章ということで、話数も多いですが。
とても読みやすく、すらすら進める文章なので、最終回までに追い付きたい方は今のうちにぜひ!