きっとあなたは気づかない。

作者 奔埜しおり

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実らない恋なんだって、そんなの分かっていても、好きになっちゃったんだもん、しょうがないじゃない。

主人公の女の子を応援したくなるものの、こういった状況ですと、幸せな解決方法はなかなかないんだろうなあ、と思ってしまいました。
切ない恋をする女の子の物語です。

★★★ Excellent!!!

 覚えがある人もいるかも知れません。
 ですが、「私があなたのことを一番好きなのを察して」と念じる思いは相手には届きません。
 超能力者でもニュータイプでもなければ、脳同士がネット化されているわけでもない以上、あなたのことが好きなんだよとアピールしないとわかってもらえないのです。
 だからといって、過剰なアピールは相手に恐怖を覚えさせ、逃げていってしまいます。
 追えば逃げる、逃げれば追う。
 追っていいのは夢と泥棒だけ、とはよく言ったものです。
 とはいえ、アピールが薄すぎるのも伝わりづらいもの。
 実らない恋をしてしまったことを振り返り、何が足らなかったのか、次こそ得恋になるよう踏み出すために学べる素敵な作品です。