深窓のアイシャ

 アイシャは、夢を見ていた。


 盾と槍と、女の横顔――ヴァラールの紋章を目にしたからか。

 師を継ぐ―なんて話を聞いたからか。



 その夢は、アイシャの過去―――生まれて初めて弓を射たその日の夢。


 どこか城の様な、宮殿の様な――荘厳で歴史あるアイシャの生家。青々とした芝生の敷かれたその庭に、6才の少女がいた。


 着ているのは上等なドレス――その日、その時、その瞬間までは、少女は確かに、気品ある淑女足るべきとして育てられていた。少女がその日々、その将来を、子供心に退屈と考えていた事は確かだ。

 だから、遊びの様な気分で、父にねだったのだ。


 的当てをしてみたい―――その頼みを、父が珍しく聞き入れたため、少女はその日、生まれて初めて、弓を手に取った。


 少女の父は口数の少ない人物だった。国軍、騎士団長――そんな立場があったからこそ、家にいつくことは少なく、居ても大抵息子達―少女の兄達と過ごしているから、少女が父親を独占出来る機会は少なかった。


 別に、なんだって良かったのだろう。的当てじゃなくても、それこそおままごとだったとしても―父がその願いを聞き届けてくれたかは別として―少女は、ただ、父親と遊びたかったのだ。


 他の願いを口にすれば良かったのだろう。そうであれば、少女の将来は、退屈ではあっても平穏な―――貴族の令嬢となっていたはずだ。


 あるいは、才能がなければ良かったのか。


 武術―剣であれ弓であれ、あるいは格闘であれ、共通する才能に、イメージを正確に身体の動きに反映出来るかどうかがある。それこそ、身稽古の様に、見て覚えた身体の動かし方を、即座に自分の身体に反映出来るかどうか。


 少女は、父が弓を引く姿を見た事があった。何度も見たと言う訳でもない。遠目に、ごくたまに見ると言う程度だ。ただそれだけで、その日、初めて弓を引手に取った少女は、完璧な姿勢でそれを構えていた。


 子供には重すぎる弓の弦を、腕力ではなく、背中の筋肉を使って効率よく引き絞り、少女が放った一本の矢は、寸分の狂いなく的に命中した。


 当たったことに関しては、運もあっただろう。あるいは、運がないから、


 その一矢が外れれば、父もまた、その少女に武芸を仕込もうとは思わなかっただろう。

 その一矢が外れて、生まれて初めて、父から頭を撫でられ、手放しに褒められたりしなければ、少女も弓を持とうとは思わなかっただろう。


 それは、良い思い出のはずだった。少なくとも、のアイシャは、確かにその、ただ褒められたというそれだけを糧に、修練に耐えていた。


 けれど、今となっては、その思い出はもう…………


 *


「……………チッ、」


 最悪の気分で目覚めたアイシャは、目覚めると同時に舌打ちをした。

 酷い夢を見て、酷い気分で目覚めて……………なによりも最悪なのは、アイシャが泣いている事だ。


「ふぁ………」


 涙の後からわざとらしく欠伸をして、それから、涙を拭い………アイシャは部屋の中を見回した。


 宵虎が居ない、のは、昨夜ウェインが『結婚もしていない男女が~』と固い事を言って、部屋が別になったから当然として………同じ部屋だってはずのネロの姿も、そこにはない。


「………起こしてくれても良いのに………」


 そんな風に呟いて、アイシャは窓の外に視線を向ける。


 庭に、宵虎とネロの姿があった。どうやら、朝からウェインの修行を見ているらしい。腕を組んでいる二人の視線の先で、ウェインは舞いでも踊るように酷くゆっくりと、盾と剣を振っている。


 型の稽古だろう。アイシャにも覚えがある。わざとゆっくりと動くことで、型を細かく見て、ほんのわずかな型のミスを洗い出し、修正する。


 宵虎の発案だろうか。腕を組んでいるその顔は酷く真剣だ。


「……乗り気になったんだ」


 なんとなく、アイシャはそう呟いて、僅かに暗い表情で、しばらくその稽古の様子を見下ろし……やがて、部屋を後にした。




 食堂は、外へと向かう途中にある。


 その大きなテーブルには、朝食の用意としてか、パンの積まれたバスケットが置かれていて……一人の人物が既に朝食を取っていた。


 金髪を刈り上げた男。この宿の他の客だろう……見覚えがある気がして、アイシャはその人物に視線を向けた。


 そして、すぐにそれが誰か思い出す。

 マーカスに辿り着いたその日、酔っ払いにからまれていた男。

 わざわざ、ヴァラールの紋章を背負っていた奴だ。


(…………最悪)


 胸中でそう呟いたアイシャに、厨房から女主人が声を投げて来た。


「おはよう、アイシャ。なんか用意するかい?」

「いらない」


 短くそう答え、バスケットからパンを一つ掴み取って、アイシャはそのまま食堂を通り抜け、外へと向かった。


 アイシャの去った食堂―金髪を刈り上げた男―フリードと女主人は言葉を交わす。


「………今の子は?」

「ほら、ウェインの師匠の連れだよ。アイシャって子。手出そうとか考えるんじゃないよ」

「そんな気はないが…………アイシャ?どこかで………」

「街で見かけたんじゃないのかい?」

「かもな………」



 *



 宿の庭。

 腕を組む宵虎………の横に似た様に腕を組んで突っ立って、ネロは大声を上げる。


「力むな……だにゃ!」

「はい、師匠!」

「腕力に頼るな、力を抜け……だにゃ!」

「はい、師匠!」

「一々返事するな……だにゃ!」

「はい、ししょ……………ええ!?」


 と応えながらも、ウェインはゆっくりとした動きで、型の稽古を行っていた。


 盾を振り、剣を振る。昨日、宵虎が大きく避けた技だ。その技だけ使っていれば勝てる、と宵虎は考えたのだろう。


 パンをかじりながら、アイシャはその様子を脇から眺めていた。特に、見ていても何も面白くないと、ぼんやり思いながら。


 と、そんなアイシャに気付いたのか、宵虎はチラリと視線をアイシャに向けて、何かを呟いた。


 アイシャには、宵虎が何を言ったのかわからない。そして、その言葉を聞いたネロは、ウェインへの言葉と勘違いしたらしい。


「どうかしたのか……だにゃ!」


 変わらぬ調子でネロはウェインへと言って、ウェインは威勢良く大声で応えた。


「はい!えっと……何がでしょうか?」

「師匠の質問に質問で返すにゃ!」

「はい!師匠!」


 そのやり取りに、宵虎は小さく溜息をついた。

 手を焼いているようだ……ウェインにだか、ネロにだかはわからないが。

 そんな事を思い、アイシャは小さく呟いた。


「……なんでもないよ」


 それから、アイシャは立ち上がり、庭の出口へと歩み出した。

 と、そこで、ウェインとネロも、漸くアイシャに気付いたらしい。


「あ……おはようございます、アイシャさん」

「にゃ?いつの間に……ていうか、アイシャ?どこ行くにゃ?」

「散歩」


 振り返らずそれだけ言って、アイシャは歩み去っていく。

 そんなアイシャを見送りながら、ネロは首を傾げた。


「……なんか、元気ないかにゃ?」


 そんなネロに、宵虎は唸るように声を掛けた。


「にゃ?ああ、でも……あたしがいないと、通訳が…………いらんって。断言する事ないにゃ………。アイシャ~!あたしも行くにゃ~」


 そう声を上げながら、ネロはアイシャを追いかけて、駆けて行った。



 そんな二人を見送って、庭には、ウェインと宵虎だけが残される。

 少しおどおどしたようにきょろきょろした後、ウェインは憮然と腕を組んでいる宵虎に視線を向け、口を開いた。


「えっと………師匠。あの…………」


 そんなウェインへと、宵虎は何かを言ったが……何を言ったのか、ウェインにはわからない。


「…………?なんでしょうか?まだ素振り、で、良いんですか?」


 僅かに首を傾げながら、言ったウェイン。だが、その言葉も宵虎には伝わっていないのだろう。


 宵虎はまた一つ溜息をつき、のそりと歩み去っていく。

 と、思えば、宵虎はすぐに戻って来た。その手に、木で出来た模造剣を二振り持って。


 そうして、ウェインの正面に立った宵虎は、特に何も言わず、ただウェインの前に、模造剣を一振り投げる。

 それから、自身も模造剣を持ち、その手をだらりと垂らしたまま、宵虎はウェインへと手招きした。


 かかって来い、とでも言うように。


 どうやら、素振りは、もう終わりらしい。

 そう理解したウェインは、一層の気合いを入れながら、自身の剣―装飾の入ったそれを鞘に収めてから、足元の模造剣を拾い上げ、構えた。

 盾を前に。剣を後ろに―ウェインは宵虎を見据える。


「はい。どうかお手柔らかに……いえ、手加減なく!よろしくお願いします!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます