瓦礫の先の巨影


「アイシャ!……アイシャ!」


 見渡す限りの瓦礫の山―遠くに巨大な影が佇む中、アイシャの姿を見つけたネロは、必死にそう呼び掛けた。


 ネロが軽く頬を叩くと、アイシャはカッと目を見開く。

 それは、普段のアイシャとはまるで違う昏い瞳で―


「にゃ!?」


 ネロは思わず、近くの瓦礫の影に隠れた。

 アイシャは上体を起こし、昏い目で周囲を見回し―やがて遠くにスキュラを見た。


 いや、それはスキュラでは無い。酷く巨大な蛇の怪物だ。


 伝承の怪物―ヒュドラ。多頭の大蛇以外の何物でも無く、スキュラだった名残はその頂点に小さく見える女の身体だけ。

 どうも、誰かを抱いているようにも見える美女―。


 それを昏く眺めたアイシャの鼻から、ツーっと一筋の血が垂れて、


「……鼻血出ちゃった。恥ずかし~」


 普段通りの様子でアイシャがそう言った為に、ネロは深く息を吐いた。


「はああああああああ……」

「あ、猫ちゃんじゃん。なんでいるの?」


 そう問い掛けてくるアイシャの目から昏さが失せていた為に、ネロは漸く瓦礫の影から進み出る。


「なんでって……まあ、それは一回置いといてにゃ。あれ、スキュラかにゃ?」


 遠くヒュドラを眺めながら、そう尋ねるネロ。アイシャの返事は適当だった。


「そうじゃ無いの?……超でっかいね」


 そう言って、頬杖をついてヒュドラを眺めるアイシャ。

 と、不意にアイシャはつまらなそうに呟いた。


「……な~んか、私、悪役みたいだったな~」

「にゃ?何の話かわかんにゃいけど……まあ、気にすることないにゃ。だんにゃもだいたい悪役みたいだったし、むしろお似合いにゃ」

「本当?」

「本当にゃ。しかも、だんにゃに至っては完全にやられ役な悪役だしにゃ。……ていうか、そのだんにゃはどこ行ったのかにゃ?」


 ネロがそんな事を尋ねて来て、そこでアイシャはぼんやりと、寂しそうに言った。


「……どこに居るんだろうね」

「にゃ?……まさか……って、だんにゃに限ってそれはないかにゃ」

「そう思う?」

「にゃ。だんにゃは殺しても死なない気がするにゃ」

「……そっか。そうだよね。良く考えたら、死体とか見てないし……吹っ飛んだだけかもしんない。どっかに流れ着いて、お腹すいてそう」


 アイシャはそう呟く。本気で言っている訳ではないが……そうでも思わないと立ち上がれそうにないのだ。


 キレて、夢中だった内は良かった。だが、素に戻った今、アイシャはどうにも億劫だった。


 何をする気にもならない―なんだか、身体に力が入らないのだ。


「そう言えばさ、猫ちゃん。さっき何か言おうとしてなかった?」

「にゃ?……ああ……超今更なんだけどにゃ。……あの二人、助けられないかにゃ?」


 あの二人―ネロの言葉が指し示しているのが、スキュラとグラウだと言う事がアイシャにもわかった。


 キレてはいても、記憶が飛んだわけでは無いのだ。ついさっき、矢を受けながら抱きあう二人を、アイシャは確かに見ていた。


「あ~。私としてもさ。出来るならそうしてあげたいんだけどさ。……無理かな」


 呟くアイシャの視線の先―ヒュドラが動き始める。


 巨大なその頭が、アイシャ達の方を向き、大口が開き、喉の奥が紫色の輝きを帯びる。


「無理かにゃ?」

「少なくとも、私にはね。………そもそも、勝てないし」

 閃光が放たれる―それを前にしてもアイシャの身体に力は入らない。さっき、無理をし過ぎたのだろうか……。

「今度は、言葉通じると良いな……」


 呟くアイシャを、閃光が飲み込んでいく―。

 ―だが、その身が焼かれることはない。


 キン―高くも重い音が響く。ヒュドラの放ったブレスは、アイシャ達の前で見えない壁にせき止められたのだ。


 バリバリと、閃光が輝き、ブレスを防ぐ―。

 その様子をぼんやり眺めた末に、アイシャは振り向いた。


「助けてくれるの?のキルケーさん。私の事嫌いじゃなかった?」


 その先に、小柄な魔女は立っていた。


 神殿が吹き飛んだ衝撃を受けたからか、着ている服は汚れきっているが、しかし特に傷を負った様子も無く、その表情は涼しげだ。


「……です。飼い猫が窮地のようでしたので」

「そっか。一人きりの友達がいなくなると寂しいもんね?」

「一人きりではありません。ちゃんと、他にもいます」

「本当?じゃあ、紹介してよ」

「……………………………………嫌です」

「いないんでしょ?」

「います」

「嘘だ~」

「貴方は、人の事が言えるんですか?」

「…………………私、貴方の事嫌い」

「ええ。私もです。ただ…………」


 再度、ブレスが放たれる。だが、それもまた、結界に阻まれ散って行った。


 涼しげな顔でブレスを防ぎ切り、キルケーは言葉を継ぐ。


「……何も死ぬ事はないと思っただけです」

「……そっか」


 呟いたアイシャは、弓を手に取った。

 身体の億劫さは残っているが―動きたくない気分はどこか、薄れていた。


 プライドだろう。嫌いな相手に助けられたまま、何もしないのはアイシャも嫌なのだ。


 ヒョドラが近付いてくる―その首は、アイシャ達を叩き伏せようと天へ登る。


「あれは止めきれません」

「え~?ブレスより弱そうなのに?」


 そう言いながら、アイシャは弓を引く。


「特に呪いも無い単純な暴力ですから。……力押しに弱い性質でして」

「なにそれ。……なんかエロくない?」

「なんの話ですか?」

「エロい魔女だな~」


 適当にそんな事を言いながら、アイシャは弓を放った。

 一直線に飛んだ炸裂矢は、アイシャ達を叩き伏せようとするヒュドラの頭を吹き飛ばす―。


 貫通はしない。ただ、押し返すだけだが―それでも、物理的な攻撃を防ぐ事が出来た。


「……防げるは、防げそうかな?」

「それで?どう倒すのですか?」

「良いの?倒しちゃって」

「ええ。……もう良いんです。終わりにしましょう」

「そう。……そっか。って言っても、正直打つ手ないんだよね~」


 そこで、ヒュドラが咆哮を上げる。そこにスキュラだった頃の意思は見られない。怪物はただただ、周囲を―アイシャ達を破壊しようと咆哮し、本腰を入れて襲い掛かる。


 その攻撃を防ぎながら、アイシャはキルケーに言った。


「……本棚の整理さ。手伝って上げよっか?」


 本棚の整理―いつか、誰かとした口約束。

 その言葉に、キルケーは小さく笑った。


「……余計なお世話です」


 そんな二人のやり取りを、特に何をするでもなく眺めていたネロは、不思議そうに呟く。


「……仲が良いのか悪いのかわっかんないにゃ~」


 それから、ネロは周囲をきょろきょろ見回して、こう言う。


「勇者は、どこから来るのかにゃ~。……本当に死んじゃったのかにゃ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます