伝承・やまたのおろち?

 パタン。書庫の隅に座り込んだアイシャは、音を立てて本を閉じる。


「……だいたいわかった。後は、具体的にどうするかだな~」


 そんな事を言いながら、アイシャはひょいと本を投げ捨て、今度は神殿の見取り図を手に取った。


「……痛い。おお、やまたのおろち……」


 アイシャの投げた本が頭に当たり、それから、宵虎の前に落ちる。


 その本の表紙には、蛇が描いてあった。いくつもの頭を持つ蛇が。

 宵虎はその本を持ち上げて、隅で丸まっているネロをちょんちょんとつつく。


「なにかにゃ、だんにゃ?セクハラならアイシャにするにゃ」

「せくはら……助平?違う。……これは、やまたのおろちか?」


 本の表紙を見せながら、宵虎はそう尋ねる。

 けだるそうなあくびを一つ、ネロはその本に視線を向けた。


「やまたのおろち?良くわかんないけど、……これはヒュドラにゃ」

「ひゅどら?」

「首がいっぱいある蛇、みたいな奴にゃ。しょうがないにゃ~。読んであげるにゃ。えっと、昔々……」

「どの程度昔だ」

「そこ突っ込んじゃうのかにゃ?あ~。超昔にゃ。超昔、あ~えっと……とにかく、ヒュドラが暴れてたにゃ」

「何故?」

「知らないにゃ。ヒュドラにはヒュドラの事情があったんじゃないかにゃ?で、とにかく暴れてて……そこで勇者が現れて、」

「どこから?」

「だから、知らないにゃ。で、えっと……火の剣でぶった切ったって書いてあるにゃ」

「火の剣とは?神下ろしか?」

「さあにゃ。まんま燃えてる剣じゃないのかにゃ?で、ぶった切って……その毒を取った?封じた?……う~ん、書き方が古すぎて良くわかんないにゃ~。アイシャ、良くこれ読めたにゃ」


 音を上げて、ネロはアイシャにそう呼び掛ける。

 するとアイシャは、さらっと適当な事を言った。


「え?あ~読めてないよ。とりあえず、火が効くっぽいな~って。毒取ったってのはもろ蛇毒だろうし。とりあえず、燃やしてみれば良いって事でしょ?」

「燃やすって……都合よくそんな事できるのかにゃ?あ、でもだんにゃやってたにゃ。失敗してたけどにゃ」

「失敗ではない。あれは、剣が悪い」

「え?お兄さんが?魔術……かな。でも、失敗したんじゃ駄目だよね~」

「そうだにゃ。失敗したらダメダメだにゃ~」

「……だめだめではない。失敗ではない」

「でも、私が使えるから良いよ。いや~、便利だから覚えたんだけど、こんな所で使えるとはね~」


 そう言って、それからアイシャは見取り図を脇に置く。


「よし。……だいたい決めた。……他に手もなさそうだし……。あ、でも、一応、お兄さんの意見も聞こうかな~。ね、お兄さん?」

「失敗したわけでは無い……。太刀さえあれば……」


 俯きぶつぶつと漏らす宵虎に首を傾げ、アイシャはネロに尋ねる。


「……なに?お兄さんどうしたの?」

「にゃ~。本当、ギリギリまではカッコ良かったんだけどにゃ~。惜しかったにゃ~」


 そのネロの言葉にも、アイシャは首を傾げるのだった。


「一体、なんの話?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます