6章

朝日と旋律

 神殿の一室。蛇毒を作るための部屋として、キルケーにあてがわれたその場所に、朝の日差しが入り込んでくる。


「……ん、……」


 目覚めたキルケーは寝ぼけ眼に部屋の中を見回した。

 乱雑に置かれた材料と、鍋が一つ。昨日のままの部屋だ。


 材料を取りに行ったのは昨日のこと。その後、この部屋に押し込まれ、蛇毒を作るように言われ……だからキルケーは適当に調合したのだ。


 それは、何の効果もない、ただ濁っただけの液体である。蛇毒など当然作れないし、よしんば出来るとしても作る気はない。ただのアリバイ、時間稼ぎだ。


 昨日、あの家にネロだけがいたのか、あるいは他の二人もいたのかはわからない。

 ただ、人質を取られた以上、キルケーは頼るしかないのだ。


「蛇毒は出来たか?」


 不意に、グラウの声が響く。いつの間に入って来たのか―鱗の生えた男が部屋の隅に立っていた。僅かに驚きながら、思わず身だしなみを整えて……そんな自分に落胆しつつ、キルケーは答えた。


「……一朝一夕で出来るはずがないでしょう」

「作る気もないんだろう?」


 キルケーの腹のうちは読めている……そう言いたげに、グラウは笑う。


「努力はします。ですが、出来るかどうかは保証しかねます。……蛇毒は、私が作ったものではありませんので。貴方は、知っているはずでしょう?彼女だって……」


 そう。かつて人魚だった彼女も、わかっているはずだ。キルケーに蛇毒を作ることなど出来ないと。


 それでも、命令した。人と人魚だった頃も、あるいは怪物になった今も…二人の頼る先はキルケーだけなのかもしれない。


「国が欲しいと言うのは本気ですか?私にはとても……」

「女王の望みだ。俺はそれを叶えるだけだ。どうあっても、蛇毒は作ってもらう。……そして、皆怪物に」


 頑なに、グラウは言った。

 誰も彼も、自責にがんじがらめだ。あるいは、スキュラでさえも……。


 不意に、グラウは彼方を見た。橋のある方向だろうか。そして、キルケーに問う。


「……応援を呼んだか?」

「私は何も知りません」

「…フ、」


 キルケーの言葉を信じたのかどうか…ただ、グラウは笑みを残して、部屋を後にする。


 不意に、歌が響いた。

 かつて、ローレライだった者の歌。今や、怪物となってしまったモノの歌。


 ―酷く、悲しげな旋律が。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます