暗き底へ沈み…

 浜辺を走るネロの前に、突如人影が降り立った。


「にゃ!…………アイシャ!」


 ネロは驚きの声をあげる、すぐにそれが敵ではないと知って安堵する。そんなネロを見下ろし、なんとなく回りを見回しながら、アイシャは尋ねた。


「猫ちゃん、一人?………お兄さんは?」

「……最後まで変な人だったにゃ」


 悲しげに目を伏せながら、ネロはそう答えた。


 その言葉に、アイシャは驚いた。宵虎がやられたと言う事それ自体にではなく、直接それを聞かされて、……思った以上にショックを受けている自分にだ。


「最後って…やられちゃったの?」


 再度の問い掛けにネロは頷く。


「そっか。……そっか…。大丈夫だと思ってたんだけどな~」


 どうでも良い事の様に、アイシャは呟いた。勿論、本心からどうでも良いと思っている訳ではないが、しかし、ネロにはそう聞こえたらしい。


「なんか、冷たくないかにゃ?」


 その言葉と共に見上げてくるネロに、アイシャは微笑む。


「他人だしね。会ったばっかりだし…」


 そう。それこそ、今日初めて会ったばかりだ。愛着を持つには短過ぎる……はずだ。

 だと言うのに、アイシャの胸中は暗い。


 よく分からない人だった。言葉が通じていないのだから当然だが、本当に宵虎の事をアイシャは何も知らないのだ。

 ナーガを食べる人。多分、かなり強かった人。多分、けっこうスケベ。


 アイシャが無茶苦茶やっても怒らなかったし、きっと良い人だったのだろう。

 アイシャが知っているのはそれくらいだ。


 後はもう、なんとなく息が合う気がした、と言うただの気のせいぐらい。


「話、できたらよかったのに…」


 話が出来たら、名前ぐらいは知れたし……それに、ちゃんと仲良くなれたかもしれない。


 信用されていない……その事にショックを受けたのは、それこそ、どうでも良い相手ではなかったからだ。


「な~んか、笑えないな…」


 ポツリと、そう呟いて、それからアイシャは歩み出す。

 向かう先は橋だ―そんなアイシャを、ネロは呼び止めた。


「アイシャ?…どこ行くにゃ?」

「ちょっと、スキュラを倒そうと思って」


 散歩にでも行くような気楽さで、アイシャは応えた。だが、その雰囲気はどこか異様だ。


 どうして良いか分からないから、ただ短絡的に仇うちをしようとしている―そんな風にネロには見えた。


「にゃ!待つにゃ、行き当たりばったりはダメにゃ。だんにゃだってそれで……」

「お兄さんより、私の方が強いよ?多分だけど」

「そう言う問題じゃなくて…とにかく、一回マスターの所に」

「キルケーは捕まったよ」

「にゃ?…本当かにゃ?なんで?結界は?」

「えぐい手使われて、開けちゃったみたい」

「じゃあ、助けに行かないと…」


 言い掛けたネロの言葉を、しかしアイシャは聞こうともしない。


「スキュラを殺しちゃった方が早いよ」


 呟くアイシャの目は、酷く暗い。その眼に、ネロは遂に確信した。

 アイシャは何も考えていない。ただ苛立って、ただ突っ込もうとしているに違いないのだ。


「…アイシャ?ダメにゃアイシャ!止めるにゃ!やけになって突っ込んじゃダメだにゃ!」


 ネロは娘の姿に化けて、アイシャの前に立ち塞がった。

 そんなネロを前に、アイシャは不思議そうに首を傾げる。ただ、暗い瞳のまま。


「やけじゃないよ?…イラついてるだけ」

「それをやけって言うにゃ…」

「猫ちゃんは、どっかに隠れてたら良いんじゃない?」


 冷たく言い放ったアイシャは、今にもネロを押しのけて駆け出していきそうだった。

 けれど、ネロは退かず、訴える。


「とにかく、駄目なものはダメにゃ!悲しいのはわかるけど、冷静になるにゃ!」


 暗く鋭いアイシャの視線にどこか恐怖を覚えながらも、ネロはアイシャを真摯に見つめて、言葉を継いだ。


「だんにゃはやられちゃったし…マスターも捕まったなら、もうどうにかできるのはアイシャしかいないにゃ。そうだ、応援を呼ぶんじゃなかったかにゃ?そうすれば良いにゃ!そうするべきにゃ!敵討ちの為に危険な目に遭うとか、だんにゃは多分、喜ばないにゃ!」


 そこで、アイシャは目を見開いた。

 敵討ち、という言葉に驚いたようだ。あるいは、宵虎が喜ばないという部分か。


 やがて、アイシャは目を伏せて、呟く。


「…………そうだね。うん、」


 漸く、冷静ではないと自覚したのだ。敵討ちをするにせよしないにせよ、この心情のまま挑むのは自殺行為―。


 自分を客観的に見てそう納得したアイシャは、安心させるようにネロへと微笑んだ。


「わかった。助けを―」


 そこで、―唐突な痛みがアイシャの足を襲った。不思議そうに見下ろしたアイシャの視線の先―アイシャの足には、矢が突き刺さっていた。


「あれ…」

「アイシャ!」


 アイシャは遠く、防壁の上を見る。そこに、シーピショップが立っていた。周囲に多くの兵―弓を引き絞る兵士達を引き連れて。


「…弓兵もいたんだ。…油断した。足はやばいな…」


 どこか余裕ぶった呟きを漏らしながらも、けれどアイシャにはもう何も出来ない。

 防壁から矢が放たれる―。


 一糸乱れぬとは口が裂けても言えないようなバラバラな射撃。だが、数が数だ。制圧効果は高い―あるいは、足が無事でも、その弓の雨を避けきれたかどうか。


「…猫ちゃん、もしかしてさ、頼んだら盾になってくれたりする?」


 最後の最後に余り笑えない類の冗談を言ったアイシャに、ネロは状況を忘れて呆れた。


「なんでだんにゃと似たようなこと言うのかにゃ……」

「え?……そっか。なんとなく、気があってたと思うし…ちゃんと話せたら、ちゃんと仲良くなれたのかな………」


 どこか悲しそうに、アイシャは呟く。その横顔を見た瞬間、ネロは無性に腹が立って、


「…妙に寂しい事言うにゃ!」


 そう叫びながら、タックルするようにアイシャごと海の中へと飛び込んだ。


 そして、そんな彼女達を追い掛けるように、矢の雨が、辺りを、海を貫いて行く―。


 *


 ……脇差しでも案外、やれるものだ。

 暗い、暗い海へ沈み往く宵虎は満足だった。


 二匹は殺した。三匹は傷を負わせた。そこまでは覚えているが、しかしその先は思い出せない。更に何匹かやったのか、あるいはそこで力尽きたのか。


 とにかく、宵虎にわかる事は二つ。

 牙を受けたか、宵虎の胸が大きく裂け、海に血が混じり、塩水が嫌に染みる事。

 そして、自在に泳ぐ大口が、今にも宵虎を飲み込もうと迫っている事……。


(身体は、もう動かんか……)


 諦観と共に、宵虎は目を閉じる。

 結局、末路は海の藻屑。だが、無為では無いはずだ。あの猫が無事、逃げ伸びたなら……。


(後は、あの娘に頼むとしよう……)


 大口に噛み砕かれる刹那、宵虎はこの異国で出会った一人の達人を思い出す。

 なぜ、まとわりついていたのかは良く知らないが、まともに話もできていないのだ。

 例え宵虎が死のうとも、特に気にはしないだろう……。


(確か、アイシャと言ったか……)


 最後の瞬間。……宵虎の身を、白い光が包み込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます