魔女と怪物


 何もない空き地。結界のある場所―。

 周囲に意思のない兵士を伴ったシーピショップは、その場所へと鱗の生えた腕を伸ばす。


 閃光が輝き、轟音が響き、シーピショップの腕を焼く―。


「結界。確かに、ここか……」


 その呟きと共に腕を引いたシーピショップは、傍に控える兵士に視線を向ける。

 この兵士達の指揮は、シーピショップに委ねられている。意のままに動くのだ。


 兵士は物言わず進み出た。隠れ家に仕掛けられた結界へと、その身を焼かれる事に恐れを抱くことすらなく、ただ人形のように…。


「止めなさい」


 不意の声に、兵士は動きを止め、シーピショップはそちらに視線を向ける。

 空き地に、魔女が立っていた。未だ結界の向こう側ではあるが、その姿は確かに見える。


「キルケー。久しいな」


 そう笑みを浮かべたシーピショップを、キルケーは睨みつけた。

 その視線にあるのは、敵意と、寂寥だ。


「蛇毒に呑まれたとは言え、人であった頃の貴方は分別のある方でした。むやみに争い、他人を従えようなどとしなかった。誰であれ助けようと……」

「人だった頃はな」


 キルケーの言葉を遮り、シーピショップは自身の身体を見せるように両腕を広げる。


 ……鱗に覆われたその身体を。


「これを見ろ。こうも醜い。……この姿のどこが人だと言うんだ」

「私を、怨んでいるのですか。ならば、私だけを連れて行きなさい、グラウ」

「怨むはずがないだろう。君は、彼女の恩人だ。君の助言のおかげで、彼女は永らえた」

「けれど、蛇毒に呑まれてしまった。ああも醜く……」


 そうキルケーが目を伏せた瞬間。


 ダン―閃光と轟音が辺りを揺らす。シーピショップが結界を思い切り殴りつけたのだ。


「彼女は醜くなど無い……」


 そう語るシーピショップの目には憎悪に似た炎が揺らめいている。

 キルケーは恐れなかった。ただ悲しげにシーピショップを見詰め、こう呟く。


「……もう一度言います。私を怨むなら、私だけを怨みなさい。他の者は巻き込まぬよう」


 暫しの沈黙―やがて、シーピショップは頷いた。


「わかった。そちらが身を差し出すのなら、他は見逃がそう。男達も開放しよう。……来い」


 キルケーは頷き、歩み出す。シーピショップの言葉を疑う事も無く。

 やがて、結界の外に出たキルケーは言った。


「どうぞ。これで、…………」


 直後、キルケーの首に蛇が巻き付く。シーピショップから生え出た蛇だ。


「結界を解け。それとも、ここで死ぬか」


 感情の無い目で、シーピショップはただそうとだけ告げる。


「……見逃がすのでは…」


 呟くキルケーの目には、失望が浮かんでいた。


「気が変わった」


 蛇は更に強く、キルケーの首を締め上げて行く……。


「ぐ、あ、……怨むなら私だけを……」


 未だそんな事を言うキルケーを、シーピショップは笑った。


「恨みなど無いさ。ただ……彼女は国が欲しいと言うんだ。民が欲しいと。なら、叶えてやりたいだろう?結界を解け」

「…お断りします」

「なら、死ぬか?」

「……私が死んだところで、結界は解けませんよ」

「そうか……。なら、試してみよう」


 蛇は更に、更に強く。呼吸の自由を奪うどころではなく、その首をへし折る程に強く強く、キルケーの首を締め上げる。苦し気に声を上げながら、それでも、キルケーは悲しげに、あるいは同情するようにシーピショップを見ていた。


 シーピショップには、本当にキルケーを殺すつもりはなかった。だが、その同情の視線を浴びた瞬間、合理性も何もすべて吹き飛び、ただ反射的に力を込める。


 ――不意に、キルケーの首を締める蛇がはじけ飛んだ。

 不可視の矢が貫いたのだ。

 そして、矢はその一本では無い。まったく同じ軌道で速射された二射目―その矢は、シーピショップとキルケーのちょうど中心で、形を失った。


 暴風が吹く。圧縮された空気が爆ぜ、周囲へと風を散らす。

 シーピショップは僅かに後ずさっただけだが、しかしそれは小柄なキルケーを吹き飛ばすには、十分な威力だった。


 爆ぜた矢によってキルケーはまた、結界の内側へと飛ばされる。


「あの娘か…」


 逃げた弓兵の娘―アイシャが暗躍しているのだろう。つまらなそうにそう呟いたシーピショップは、拘束を解かれたばかりでせき込むキルケーに視線を向けた。


 いくら射られた所で、どうせシーピショップは死なないのだ。あの弓兵の相手は後で良い。


「キルケー……結界を解く気はないか」


 その問いに、シーピショップを睨みあげるキルケーの目は、酷く悲しげだ。


「貴方は、……もう信用できない」

「そうか。…なら」


 シーピショップが呟くと共に、兵士達は剣を抜く。無理やりにでも結界を破ろうと言うのか……そんな予測をしたキルケーだったが、しかしその眼は驚きに見開かれた。


 兵士達は、一様に自身の首に剣を押し当てたのだ。今にも、自殺しようとでも言うように。


「何を……」

「10数える。開けなければ一人死ぬぞ。その次に一人、また一人……」

「そんな…」


 絶句したキルケーを冷たく眺めながら、シーピショップはカウントを始めた。


 国が欲しい、民が欲しいとそう言っていたはずだ。それをむやみに殺す事などしない……先程までのキルケーなら、そう考えただろう。


 だが、殺され掛けた今となっては、もう…シーピショップ―グラウの良心を信じられない。


 兵士達は街の住人だ―キルケーがかくまっている女達の夫であり、恋人であり、子であり父である……見捨てることは出来ない。例え、捕らえられようと……生きていればまだ。


「3、2、1……」

「わかりました……」


 カウントの終わりを待たず、キルケーは結界を解いた。


 パン。破裂音に、シーピショップは結界へと手を伸ばし―確かにそれがなくなっていることを確認する。そして、シーピショップは兵士達へと向き直った。


「捕らえろ。全員だ」


 *


「あ~あ。結界、解いちゃった?」


 アイシャは未だ防壁の上。

 一旦逃げ伸びた後、また高台に登り、様子を眺めていたのだ。


 うまい事キルケーの窮地を救った、までは良かったが、その後のやり取りの結果、どうもキルケーは結界を解いてしまったらしい。


 もっとも、一部始終眺めていたアイシャには、そのやり取りの内容は予測できる。


「えぐい事するな~……って、私も似たような事やったか……」


 兵士の命を盾に、開ける事を迫ったのだろう。確かに自刃しようとしている所が見えた。

 アイシャがネロを使ってやったのと似たような発想である。


 もっとも、殺そうとしている以上アイシャより間違いなく性質が悪い。その上……


「……手出しできないな…」


 一つの脅しでアイシャの行動まで束縛されているのだ。

 アイシャが手を出した場合、また兵士の命を盾にされかねない……。


 結局、シーピショップを倒す有効打もない以上、アイシャはただ黙って、街の女達が連れ去られる光景を眺めているしかないのだ。


「…こうなると、いよいよ、お兄さんに期待なんだけど……」


 あるいはさっさとスキュラを倒してくれれば、兵士達の洗脳も解けて形勢は逆転するのだが……。呟きと共に、遠くの神殿を、そして続く橋を眺めたアイシャは、何かがその橋を渡っていることに気付いた。


「猫ちゃん……だけ?」


 その事に胸中に僅かな不安を抱きながら、アイシャは走るネロの元へと向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます