結界の先の魔女

「え~。それマジかにゃ?本当かにゃ?騙してるんじゃないかにゃ?」

「ほんとほんと。いや~お兄さんぶっ飛んでるよね~」

「いや~、聞く限りお嬢さんも相当のもんだにゃ~」

「え~、なにそれ~。……どういう意味?」

「……なんでもないですにゃ」


 道中ずっと、アイシャとネロは喋り続けていた。


「……二倍うるさい。………む?」


 漸く、驚愕から覚めた宵虎は、うんざりした様子でそう呟き……と、そこで足を止めた。

 気配があったからである。道の隅に、何か小さい物の気配が。


「……蛇?まだ居るのか……」


 捕らえるべきか……そんな事を思った宵虎だったが、しかし気配はすぐにどこかに逃げて行ってしまう。


(……追うほどでも無いか……)


 そして、宵虎はまたうるさい娘と猫についていく。……やがて、


「……あ、ついたにゃ。ここにゃ!」


 ネロは街の一角で立ち止まった。

 空き地だ。そう、空き地である。なにもない空間を前に、ネロはついたと言ったのだ。


「……ここ、とは?」

「なんにもないけど?」


 首を傾げる宵虎とアイシャに、ネロは得意げに言った。


「一見すると~、だけどにゃ。マスター!帰ってきたにゃ~」


 ネロはそう、何もない空間に呼び掛けた。すると……


「…………………何も起こらないぞ」


 宵虎はそう呟いた。空き地はただの空き地。それ以上でもそれ以下でもない。


「ま、マスター……?なんで開けてくれな……ふにゃっ!?」


 可笑しいな~と傾げられたネロの首根っこを、アイシャは掴み上げ、こう問いかける。


「ねえ、猫ちゃん?もしかして騙した?騙してないよね?無駄足とかそんなめんどくさいことさせてないよね?」

「え、笑顔が怖いにゃ…。ち、違うにゃ。あたしのせいじゃないにゃ。これは、あれにゃ!マスターが居留守してるだけにゃ!はあ、どうするかにゃ。マスターが入れてくれないと入れないにゃ…」


 徐々に強くなってくる首根っこの痛みに、ネロはそう嘆いた。

 すると、そこで宵虎は首を傾げる。


「入れない?……入れないも何も、何もないだろう」


 そして、そう言った宵虎は、何もないその空き地へと歩み、踏み込もうとした。


「あ、無理に入ろうとすると…」


 と、ネロは静止したが、しかし時既に遅く……

 バリバリバリバリバリバリ……。

 突然の閃光と轟音が宵虎の身体を焼き、宵虎は素っ頓狂な声を上げた。


「あがががががががが……」


 その空き地には、見えない壁があったのだ。進めない…所か、触れた者を痛めつける壁が。

 やがて、宵虎が仰向けに倒れこむ事で、その閃光は静まった。


「……入れないな」


「だから、そう言ってるにゃ……」


 微妙に服を焦がし、煙を上げながら呟いた宵虎に、ネロは呆れた。


「ふ~ん。結界があるんだ……」


 興味深そうにそんな事を言いながら、アイシャは手を伸ばす。

 ネロの首を掴んだまま、その腕を結界へ。


「あの……お嬢さん?どういうつもりにゃ?なんであたしを結界に近づけてるのかにゃ?」


 嫌な予感に苛まれながらそう尋ねたネロに、微笑みと共にアイシャは言う。


「結界とくとかなんかめんどくさいし、こうすれば開けるかな~って。バリバリ~って痛そうだし。……ね?」

「ね?じゃないにゃ。使い魔の悲鳴で開けさせるって事かにゃ?可愛い顔して発想が鬼畜過ぎ…って止めるにゃ!本気かにゃ!冗談で終わらせてほしいんだけどにゃ!にゃ、にゃにゃああああああ!?」


 悲鳴を上げるネロの身体が、(アイシャによって強制的に)結界へと近づいて行く。

 そして、その身が結界に触れる寸前―


 パン。そんな軽い音が鳴り響き、そこにあった結界が消失した。

 そして、いつの間にやら空き地に、小屋が現れていた。小さな、石造りの建物である。


「良かったね、猫ちゃん。帰ってきて良いって」


 そう笑ったアイシャに、ネロは引きつった笑みを返した。


「そ、そうだにゃ。良かったにゃ。……この人、やっぱり敵なんじゃないかにゃ…」


 *


 小屋の戸の先には階段があった。どうにも、地下へと続いているらしい階段が。

 所々に火が灯るその階段を、宵虎達は下りていく。


「地下か……」

「ふ~ん。この先に居るの?魔術師が?な~んか、趣味悪そう……」

「あ、そんな事言うとマスターが怒るにゃ」


 そんな事を言っている内に、やがて、階段が終わり、目の前にまた扉が現れた。


「……扉。バリバリしないだろうな。……俺が開けるのか?」

「早くしてよ、お兄さん。入ろうよ~」


 などと言いながら、アイシャは何が起こっても良いようにしれっと距離を取っていた。


「……だろうな」


 呟いた宵虎は、覚悟を決めて扉を開けた。

 バリバリ~と閃光が走る事も無く、ただただ普通に扉は開く。


「何事も無く開いたか……」


 開け切った戸に宵虎が一息ついたその瞬間。先に広がる暗がりの向こうで閃光が走った。


「あ、お兄さん!危ない!?」


 閃光―輝く縄が、宵虎へと一直線に飛来してきたのだ。やはり、罠があった。だが、覚悟を決めていた宵虎にしてみれば、その輝く縄を交わす事など朝飯前―。


「その程度避け……なに!?」


 ……妨害さえ、なければ。

 突如背後からの衝撃に押された宵虎は、交わす事も出来ず輝く縄へと突っ込んで行き―


「……む」


 宵虎は捕まった。バリバリする事も無く、痛みを覚える事も無く…ただ、その光の縄は宵虎の身を縛り上げたのだ。

 身動きが取れないまま、宵虎は恨みがましく自身の背後―アイシャを睨んだ。


「うわ~。お兄さん捕まっちゃった……大丈夫?痛くない?」


 白々しくも、心配そうにそんな事を言ったアイシャに、ネロは呆れた。


「後ろから蹴って盾にしといてよく言うにゃ……。(お兄さんが避けたら私の身が)危ない!?……って端折り過ぎだにゃあああああ!?」


 素っ頓狂な声を上げたネロの身は空中にあった。アイシャが投げたからである。

 なぜ、投げたか。それは言わばそう、……身代わりだ。


「ふにゃ!?」


 と言う悲鳴と共に、ネロもまた光の縄に捉えられ、地面に落ちた。


「……今の、避けられなかったかも。危なかった……。ありがとね、猫ちゃん」


 そう言いながら、アイシャはサッとしゃがみ込み、宵虎の背に身を隠す。


「あ、はい。……もう、好きにするにゃ……」


 突っ込む気も怒る気も失せて、ネロはうなだれる。

 そして、うなだれていたのは宵虎も同じだ。


「なぜ、蹴られた。……何か、怒らせるような事をしたか?」

「覗きじゃないかにゃ~」

「……何の話だ?」

「それ、本気で言ってるのかにゃぁああああああ!?」


 ネロはまた素っ頓狂な声を上げた。光の縄に引っ張り上げられたからだ。

 宵虎もまた同じ目に合い、やがて一人と一匹は暗がりの中、宙吊りにされる。

 その様子に、アイシャは思わず、声を上げた。


お兄さん盾A!?猫ちゃん盾B!?」

「……今、盾Aとか盾Bとか聞こえたにゃ……」

「盾えー?……えー、とはどういう意味だ?」

「文字ですにゃ……って、気になるのはそこなのかにゃ?ていうか、あたしまで宙吊りにする意味はないんじゃないかにゃ、マスター」


 ネロは、不意に暗がりの奥へとそう呼び掛ける。

 宙吊りにされた一人と一匹。その向こうから、一人の女性が現れる。


 赤茶色の髪をした、小柄な女性だ。ローブのような厚手のドレスに身を包んだ彼女は、宙吊りにされたネロを冷たく睨んで、こう言った。


「罰です。ネロ、私は様子を見て来いとは言いましたが、連れて来いとは言っていません」

「ご、ごめんなさいにゃマスター……」


 しゅんとうなだれるネロの脇、宵虎は現れた女性を見ながら言った。


「また女か。誰も彼も奇怪な術を……。とにかく、俺に害意はない。下ろしてくれないか」


 とりあえず、そう頼んでみた宵虎だったが、しかしその言葉に、小柄な女性は小首を傾げるばかりだ。


「ネロ?この人はなんと言ったのですか?何語でしょうか?」

「あ、マスター。その人、どうも言葉が通じないらしいにゃ。で、だんにゃは下ろして欲しいって……」

「そうですか。まあ、どうでも良い事ですね。そちらの方は、言葉が通じるでしょう?」


 当然のようにネロの言葉を無視して、小柄な女性はアイシャへと視線を向ける。


「……あ、無視ですかにゃ……」

「……下ろして、……くれないのか?」


 またうなだれる一人と一匹。そんな様子を尻目に、アイシャは小柄な女性へと返事をする。


「何言ってるかわからな~い」

「…通じているではないですか」


 苛立ったのか、険しくなった女性の視線もどこ吹く風と、アイシャは言った。


「でさ、貴方が魔女?っぽい格好してるもんね~」


 そのアイシャの言葉に、小柄な女性の眉がピクリと動いた。


です。……キルケーと言います」

「へ~。魔女のキルケーさん?」


 その言葉に、小柄な女性―キルケーの眉はまた動く。明らかに苛立っている様子だ。


「……です」

「あ~、なんかこだわりある感じ?でも、魔女でしょ?魔女で良いじゃん。そっちのが言い易いしさ~。ていうか、似たようなもんだろうし」

「………はあ。私の話はもう良いでしょう。そちらは、何者ですか?」

「私?アイシャ。ギルドのハンター」

「……ギルドがなぜ?」

「あ!聞いてくれる?それがさ~」


 それを皮切りに、アイシャは喋りだす。ペラペラペラペラと、明らかに不必要な情報まで混ぜ合わせながら。関を切ったように話しだしたアイシャに、キルケーは苛立たし気に眉根を寄せ、ネロは呆れて呟いた。


「うわ~。これ、長くなりそうだにゃ~。……短くしといてくれないかにゃ~。こっちは宙吊りなんだけどにゃ~」


 と、そう呟いたネロの耳に、音が届いた。ぐうう、とお腹がなる音が。


「……おなかがすいた」

「この状況でかにゃ?はあ……だんにゃもマイペース過ぎますにゃ……」


 深くため息をつくネロ。

 暗がりには、ペラペラペラペラとアイシャの言葉ばかりが並んでいった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます