南蛮寺忍伝

作者 伊賀谷

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

時代モノに馴染みのない私でも開幕から引き込まれ、一気にラストまで読んでしまいました。

戦国の世。信長が台頭し時代の転換点を迎えようとする時期に起きた、壮大かつ悲愴なお話です。そのお話を短編にまとめてしまう作者様の力も凄い。

甲賀忍者は有名ですが、彼らの歴史もまた、南蛮人が日本に渡来し、信長が覇権を握りつつある時期に大きく変わっていったことを知る人は意外と少ないのではないでしょうか?

ジャンルは時代モノですが、各々の主君に翻弄される登場人物たちの切ない恋模様も必見。切ない、の一言に尽きる展開でした。。

そして、ラストでは超有名な「あの一言」も飛び出します!

★★★ Excellent!!!

絶賛を禁じ得ない。
史実とファンタジー要素が、絶妙な配合でミックスされている。
そのファンタジーを担う、甲賀忍者三人の人間関係が、非常にリアルで、文面から浮き上がって肉迫してくるよう。
明智光秀の「敵は本能寺にあり」の言は有名だが、この物語は思わぬところで、それを聞くことになる。
必読!