未だ見ぬ世界の君の声

作者 すずらん。

すべてのエピソードへの応援コメント

  • Reading dateへのコメント

    読んでいると優しくなれるお話ですね。
    こんな話を書いて頂き、ありがとうございました。

    読書日和、良い言葉だなぁ〜。
    ふんわりとしていて、何もかも包み込んでくれる。

    彼と彼女の出会いと別れ…そしてきっと彼は彼方の世界で先に行って待っていた彼女に会えた、そう思えるお話ですね。

    怪物に見えても、心の中まで怪物じゃないし、そんなの勝手に周りの人達が決める話だし。目が見えなければ、逆に見えるものも有るんですよね、うん、そう思えるお話でした。

    本当に、こんな話を書いてくださり、ありがとうございます。

    作者からの返信

    こちらこそありがとうございます。

    2020年5月22日 11:37

  • Reading dateへのコメント

    うわあああああああん。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
    途中から大号泣ですぅぅぅぅぅうううう!
    優しいおはなし、こういうの大好き!
    一つ気になっちゃったのがカレーライス野郎さんも仰ってます「二人で逃げる」という選択でした。ここで「はい?」となっちゃったのが勿体なかった。
    けど、けど、けど、好きぃぃぃぃぃぃいいい!

    作者からの返信

    ありがとうございます…!

    2020年5月21日 18:35

  • Reading dateへのコメント

    とても素敵でした。
    一度目で驚いて、二度目で伏線やヒントに気づくことができました。

    ちょっと疑問なんですけど、この物語の視点って主人公でしょうか。それとも第三者(いわゆる神の視点)でしょうか?

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    最後の数行だけが第三者の視点、その他は主人公の視点として書きました。

    2020年2月24日 09:06

  • Reading dateへのコメント

    拝読させて頂きました。

    ふわり、と花が香る。

     ひらり、ひらりと蝶が舞う。

     陽の光は暖かく僕を包み込む。

     ───今日は、読書日和だ。

    この繰り返し使われるフレーズが、読み進めていく内に深い意味を伴い、最後には不思議な読了感を与えてくれました。穏やかな始まりからその雰囲気そのままに紡がれていく僕と彼女の物語に見入っていました。

    何故彼女の姿ではなく声などの描写が多いのか、その理由が明かされた時はなるほどと思いました。しかしながら、主人公の特徴があってこそ彼女の本当の姿が見えたのかなとも思えますし、失ったことがただ絶望に繋がるのではないということを改めて教えられたような心地です。

    全体的に文句のつけ所がなく素晴らしい作品ではありますが、個人的に気になったのが絵本の中での王子様の行動でしょうか。
    「王子様が化け物に攫われたという噂」が流れているにも関わらず、そこで「2人で逃げよう」というのはみすみす噂を現実にしてしまう行動になるのではないかなと思いました。例えばここで「もう会わないようにしよう」と言って、会えない日々を送る中でそれでも怪物の姫が会いに来て、そこで駆け落ちを決意するのならまだ理解は出来るのですが、最初から「逃げる」一択だと少し王子を愚かしく思ってしまいます。

    とは言え気になったのはそこだけでした。先ほども申し上げましたが、全体的な完成度は非常に高く、素敵な世界を紡がれていましたので拝読させて頂けて本当に良かったです。一意見として軽く受け止めてくだされば幸いです。

    この度はRT企画にご応募下さり誠にありがとうございました。今後も頑張ってください!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    確かに絵本の中の話もしっかり考えて書かないとこのようになってしまいますね……今後の参考にさせていただきます!

    2019年6月15日 07:03

  • Reading dateへのコメント

    Twitterの例のタグから、これは短編を一度も書いた事の無い人間のコメントです。
    思ったのはまぁ、別れ際に彼女が怪物だと気付いていないなら「どうしたんだろう」みたいな旨の描写が欲しかった、くらいでしょうかね、なにぶん長編しか書いていないものでこれくらいしか言えませんが。

    作者からの返信

    なるほど……すんなり進みすぎると不自然にもなってしまいますね……。ありがとうございます!

    2019年1月14日 18:52

  • Reading dateへのコメント

    作品を拝見しました。ミノリアキラです。
    児童書のような優し気で柔らかな文体と何気ない登場人物ふたりのやりとりから、最後のどんでん返しがあざやかでした。

    作者からの返信

    お読み頂きありがとうございます!

    2018年12月26日 06:26

  • Reading dateへのコメント

    とても上手ですね。世辞抜きで。
    所々にヒントがちりばめられていて、その使い方がとても巧いなあと思いました。
    二カ所ほど誤字だと思われる箇所がありました。間違いだったらすいません。

    作者からの返信

    多分誤字です…ありがとうございます!出来れば指摘お願いします!

    2018年12月22日 20:34

  • Reading dateへのコメント

    good!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2018年12月8日 20:38

  • Reading dateへのコメント

    児童文学のような優しい雰囲気が良いですね。
    中盤のところでなるほど!!となりました。ミステリーの伏線回収のように、この部分が本当に面白かったです。

    やがて僕は歳をとり~の部分で前後の語り口調と変化がないので、あまり歳をとった感じがなくちょっとイメージをつかみにくかったです。
    (かといって、それからワシは歳をとったんじゃ。とかに口調がいきなり変わったらそれはそれで違和感ですが。)

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます!
    なるほど……口調の変化は今後の課題ですね。アドバイスありがとうございます!

    2018年12月8日 06:55