今日もボクらは転生する

作者 柳の人

76

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

突然ですが、あなたは何回転生したことがありますか?

私はですね、私のことはちょっと秘密なんですが、昔カテキョしてた時に教え子が「10個以上転生先の異世界を持ってる」と言っていたことがあって、「ははあ、今どきの子は流石だなあ」なんて目から鱗だったわけです。
ええ、これ実話です。
だから本作も「現代ドラマ」なんですってば。

意味がわからない?
なら黙って最後まで読むんだ、いいね?

短編で複数話構成の作品は珍しいですが、本作はそれがうまくテーマと相まって、最終話まで非常にサクサクテンポよく読むことができました。

オチも痛快。異世界の正体が分かる人も、分からなかった人も、きっと胸がヒュッとするような結末が待っています。

★★★ Excellent!!!

脱帽しました。
確かにこれも、見方によっては『転生』かと。

きっと皆さんも、一度は経験があるのではないでしょうか。
何かのっぴきならない事情があって。別の存在になりたくて。気分転換のために。特に理由なく、何となしに。
それまでの自分にサヨナラして、新しい自分へと『転生』をした経験が。

転生を扱った作品が流行り、この作品のいう『転生』が気軽にできる今だからこそ、一つ戒めとして肝に銘じておくべきなのかもしれません。
「絶対に試してはならない、転生手段がある」ということを。
どこにも転生できないですよね…その手段では…。

★★ Very Good!!

嫌なことがあれば何度でも転生! 何度でもやり直せるよ!
と、一言レビューに書きましたが、転生ってホントにいいものなのでしょうかね……。

人生が違えば……。
世界が違えば……。
運が良かったら……。
「もしも」の世界はいくらでもありますが、本当にそれだけが原因なのでしょうか?
自分を押し殺しているのは、もしかしたら自分自身なのかもしれませんね。

個人的にはとても良い作品だと思いました。

★★★ Excellent!!!

最初はいつものそういうのをまぜた奴なのかなって思います。
けど読むにつれてその「転生」がどんどんと深くなっていき、
「転生」物として深めにハマります。
そして徐々に徐々に引き込まれていき、
途中で謎が生まれて、一気に終盤で謎が解かれるという感じです。
あっさりとした味付けに後から来る深みを加える感じの奴です。
作者さんの手癖?というかなんというか
ああ、この人が書いたオチだって終わりの時に感じますね。
掴んで離すのがほんとに上手いと思います。