虚像の国のアリス

作者 菱河一色

急転直下

  • ★★★ Excellent!!!

そういえば小学生くらいの時、不思議の国のアリス症候群みたいになってた時期が自分にもあった。当時はそんな名前がついた現象?だなんて知らなかったんだけども。ちなみに私の場合は自室で寝ているときなどに、自分の体が急に部屋にぎゅうぎゅうに詰め込まれているように感じるくらい大きくなった、あるいは部屋が小さくなったように感じるという症状だったんですが、まあそんなことをうすらぼんやりと考えながら読んでいたら……!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

不思議の国のアリスの中でルイス・キャロルが描いたのは意味論の世界です。
小説の中では、物理法則は通用せず、ただ言葉だけが力を持ちます。
アリスが大きくなったと書けば大きく、小さくなったと書けば小さく… 続きを読む

小山空さんの他のおすすめレビュー 23