薔薇の令嬢と守護騎士の福音歌(ゴスペル)

作者 ももち ちくわ

53

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

すみません。
真面目お話だとは思うのですが、物語に出てくるキャラの命名といい、会話の言葉尻と言い、面白くて笑ってしまいました。
久々に、興味深いお話に巡り合いました。

よくできた設定に、読みやすい文章。
次から次へと、ページを捲ってしまいました。

簡単な感想で申し訳ないです。
もっとこの作品の魅力を知りたいと言う人は、ぜひ一読を。
読んで、後悔はしないと思います。
よいお話でした。

Good!

固有名詞とキャラクターたちの口調がとても独特です。

主人公、ローズは幸せな結婚をするはずが、悪辣な罠によって没落させられてしまいます。
しかし、そこでへたれるローズでないのが、令嬢育ちなのにすごいところ。
彼女がしたたかに道を切り開くのに、ぜひ刮目してください。

★★★ Excellent!!!

異世界モノは現実世界と違うことが多く、1からの説明が多いのですが、所々イメージしやすいように現実世界で使われている名前を一部使っていたりと、作者様の工夫がなされていて抵抗感なくすんなりと頭に落とし込むことができました。


小説には上(天)があれば下(地)があるように、プロローグのほのぼのとした雰囲気につれられて読んでいくと......第2章に『没落』と書いてある通り、思わず文章から目を背けたくなるほど主人公たちは悲しい状況に落ちてしまいます。ただ、それでも運命に流されずに頑張ろうとする姿は、『どんな状況でも諦めてはいけない』と、訴えかけているようです。大切な人たちを思って水分を取ることさえも拒むクロードには、本当に漢気を感じます。

あと気に入った点が、登場人物一人一人の行動や発言が現実のように、まるで生きているかのように感じました。性格はもちろんのこと、口癖や栄養が足りなくこのままでは回復しないことがわかっているけれどやはり好き嫌いを優先してしまったり、ただの部下に終わらないところも、うまくスポットライトが当てられていて読んでいて飽きません。

とても面白かったです。この小説を最初に読んで本当によかったです。

今後の更新を応援しております。

長文&駄文失礼いたしました。