『ダサい』の起源、語源。これは都市伝説でしょうか?

作者 大木 奈夢

70

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ダサいの語源。
そこに隠された、青春の一ページ、興味深い秘話がここに公開されています。

「この言葉、流行らせよう」

そう思って使ううちに飽きられて終わることは多々あるような、ないような。
それがいつの間にやら全国区レベルに、さらには日本語として定着するまでに。

ダサい。

この言葉の裏には、一人の少年とある文豪の奇妙なつながりが……


私、この説、信じますよ。

★★★ Excellent!!!

まさかの、語源が「太宰治」だったとは!

でも、なんだか拝読していて深く納得してしまいました。
「格好悪い」「野暮ったい」という意味からなかなか「ダサい」という音に結びつかないので、特にそう感じたのかもしれません。

ひとつの知識として勉強になりました。
ありがとうございました!