11. ある罪人の記憶

 嫌な予感、なんて言葉じゃ表せなかった。

 本能なのか、虫の知らせとやらなのか……そのメールを開くのにやたらと時間がかかった。

 ……最悪な方向で、予感は的中した。




 ***




「……何で、逃がしたんだ」


 男が、低く呟いた。


「逃がしたわけじゃない。……不用心で残念だったね」


 もう一人が、静かに呟く。


「彼は外では生きられない」

「どうだか」

「……彼が壊れる様は見ものだろうけれど」

「……まさか、壊すつもりで」


 幾度かの応酬の後、奴が下卑た笑みを浮かべた。思わず息を呑む。……敵に回しては、いけない男だとは知っていた。


「立場をわきまえていないね」

「何を言って……」

「対等な関係だとでも、思っていたのかな」

「……まさか」

「ちょうどいい、そろそろ死のうかと思っていた」

「……成程……」

「君は、前に私が羨ましいと言ったね」

「確かにお前の方が頭はいい。戦闘能力で常に勝っていたのは私だが」

「……ああ、確かにそうだね。実戦でなら」


 ぞわりと、全身の毛が逆立つのを感じる。

 ……この男は、自分の欲望のためなら……

 他人を犠牲にすることを、利用することを、厭わない。



「……君に、私の名前と肩書きをあげよう。もう死ぬ男のものだけれど」


 こいつは、昔から僕を見下していた。

 あの戦場で恋人を殺された恨みを……敵に向けさせた。

 僕が右肩を負傷したのは、彼が僕の狙撃の腕を褒めた後で……


 知っていた。彼は最初から、


「欲しかったんだろう?『ハリス家長男』の肩書きが」


 この外道はいつでもそうだった。人を意のままにしようとする力を持っている。

 手を汚さず、裏で操る男だ。


「……私も舐められたものだ」


 ただで負けるものか。

 ……お前が、それを選択するなら、


「全てを奪うと、言ったね」


 お前が捨てた名前の男に、お前は殺されるだろう。

 何度でも、奪い返す。


 ……何度でも、殺してやる。

 勝つのは「私」だ。




 ***




 誰と誰の会話か、何となくわかる。詳細はおろかどんなシチュエーションなのかすら分からないけれど、思い出したくもない、関わりたくもない相手の顔がまざまざと浮かぶ。


 誰よりも嫌いなクソ兄貴の影が、嘲笑っているように思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます