高身長さんと低身長くん

作者 丸尾累児

58

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読み終わったあと、しばらくニヤニヤが止まりませんでした。 凸凹コンビと言えば、男の人が背高いってのが鉄板ですが、この作品はその逆です。 それによって男女共に楽しめると思います。 (私個人の意見ですが) 個人的には、続きを読んでみたいです(*´ω`*) そう思えるくらいギュッと凝縮されたラブコメでした。 あっ、ちなみに私もミニマムです(笑)

★★★ Excellent!!!

 タイトルとあらすじを見た時、凸凹コンビだなと思っていました。

 しかし読み進めるうちに、凸凹ではない事に気づくはずです。

 背の高いヒロインの鳴沢さんは、とても心が広い印象を受けます。多分、嘘を吐かないタイプ。

 背の低い主人公の安宍くんは、多分、色々と損をしてきたタイプなのかなと思います。

 その損をする原因は、嘘が吐けない性格からじゃないか、と言うのが、物語から受けた印象でした。

 嘘を吐かないタイプと嘘が吐けないタイプ――凸凹ではなく、噛み合う性格の男女でした。

 私が感じたのは、背が高いから心が広い、背が低いから心が熱い。

 だからクライマックスのシーンでも、そういう結末になったのだと納得しました。